15.12.2015 12:38 - in: コッパ・イタリア S

    コッパ・イタリア-ダルビー・デッラ・モーレは完璧な10!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    コッパ・イタリア10回の優勝、コッパ・イタリアでのマッシミリアーノ・アッレグリ監督の10勝、10歳のジャンルイジ・ブッフォン! ダルビー・デッラ・モーレについて知っている10の鍵の真実
    1) ユベントス:10チャンピオン

    ユベントスが関係しているコッパ・イタリア戦への10カウントダウンの最初の1つのです。

    ジョルジョ・キエッリーニからアレッサンドロ・マトリのゴールでスタディオ・オリンピコでの5月のラツィオ戦2-1の勝利は、ビアンコネリの10回目のコッパ・イタリア優勝となり、大会史上最多優勝記録を広げ、2008年に9回の優勝で並んでいたローマを引き離した。

    昨シーズンの勝利は、1995年のセルジオ・ポリーニの影響を受けた勝利での優勝後20年連続国内カップ戦無冠の失望を終わらせました。
    それ以前で ユーヴェは1978/78シーズン、1982/83シーズン、1989/90シーズンの11年間で3回コッパ・イタリア・チャンピオンになりました。

    最近のユベントスのコッパ・イタリア3度の優勝にはリーグタイトルまたはヨーロッパでの冠が付いてきました。

    2) 10年の準々決勝

    10回のチャンピオンとして、ビアンコネリがカップ戦初期の戦いで避けられない記録をとる事を驚いてはいけません。決勝トーナメント1回戦において最後の9試合で全てで少なくとも準々決勝へ進出しています。

    水曜日夜のトリノ戦での勝利は、11回の戦いで10回目のベスト8進出に繋がります。

    カップ戦のこのステージで敗退した最後の時は、2004/05シーズンのアタランタ戦でベルガモでの2-0の敗戦後スタディオ・デッレ・アルピで3-3で引き分けました。

    3) 離れてマックスのための10でない

    昨シーズンのローマでの勝利の祝賀は記録破りの選手達が達成した。しかし残念な事にまた無理もない話ですが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の決勝の余波から2つの類似した試合への言及はありませんでした。

    ラツィオに対するその2-1の勝利は、アッレグリ監督のキャリアでコッパ・イタリアで10試合めとなり、その内の5試合は7ヶ月前の決勝までのビアンコネリ戦いでした。

    アッレグリ監督のミランは、2011年1月にコッパ・イタリアでヴェントゥーラ監督のバーリに勝利した

    有望に前回の優勝チームは明日の夜へ進まなければなりません、それはアッレグリ監督が、最初に2011年1月(ミラノ3-0バーリ)で戦った以来2回目のジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督のチームとの戦いです。

    4) 二桁のダービー喜び?

    コッパ・イタリアでのユベントスとトリノの対戦は、ファンにとって幸せな記憶です、ライバルのトリノに対し直近で1980年、1988年、1993年の準決勝で3連続で勝利を挙げ、ビアンコネリは、コッパ・イタリアでの戦い史上で隣のチームへアドバンテージを誇ります。

    たまたま、このデルビー・デッラ・モーレのは10回目のユーヴェのホームでの戦いです。ビアンコネリはトリノに対し最近5勝ちを挙げています。

    5) ビュフォンの10歳の誕生日のブルース

    我々は、これを誇りに思います:ビアンコネロのジャンルイジ・ブッフォンは、トリノが直近でユベントスにコッパ・イタリアで勝利した1988年4月に10歳でした。

    デ・アゴスティーニのPKは、1988年4月にトリノ戦で2-1準決勝敗北を防ぐのには十分ではありませんでした

    そしてトリノはこの語決勝へ達した、1993年にトリノは優勝したがこの大会でユベントスは、トリノに準決勝で(デッレ・アルピでの1-1と2-2)アウェイゴールで敗退しました。

    6) トリノの中で…

    特にミレニアム後にトリノは少し厳しく過ごした。6度の準々決勝進出へ達する事は出来無かったことの説明は、2008/09シーズンコッパ・イタリアでの、厳しいディフェンスの性質にあります。

    2011年8月にスタディオ・オリンピコでルメッツァーネを破ってから、トリノは11試合のノックアウトステージで10試合で失点し、過去3試合シエナ(2-0)、ペスカラ(2-1)とラツィオ(3-1)3との戦いで7失点を含みます。

    7) …ユベントスがスマッシュします

    一方ユーヴェは、カップ戦で得点を止める事が出来ません。地元ライバルとのコッパ・イタリア11試合中10試合目でネットを揺らした。前述の2004年11月19日にベルガモでアタランタに2-0で負けて止まりました。

    8) 10のポイント

    カップ戦のテーマから少し離れて次の10の真実は前の7テーマ程では無いが面白い物です。

    ボローニャ戦(3-1)、エンポリ戦(3-1)、フィオレンティーナ戦(3-1)の逆転勝利と9月のユベントス・スタジアムでのキエーヴォ戦1-1の引き分け後、ビアンコネリは、今シーズンの失った順位(10位)から勝ち点を取り戻すためにトリノと戦った。

    しかし、ユーヴェはトリノより1歩先へ行きます。しかし今シーズン・リードした試合で勝ち点2点を失ったのは、ロベルト・マンチーニのインテル戦です。

    チャンスとして、ボローニャ、エンポリ、フィオレンティーナそしてキエーヴォとの戦いで失点を取り戻す為に10ゴールを挙げました。
    気味悪い、えっ?

    9) テベスの10

    デルビー・デッラ・モーレ自体に関して、ユベントスとトリノの最後の4試合でのゴールはミッドフィールダーとディフェンダーにより挙げられており、ストライかーにとって難しい物になっています。

    アルトゥーロ・ビダル、アンドレア・ピルロ(2)、ポール・ポグバ、フアン・クアドラードのゴール前に、元ユベントスの背番号10カルロス・テベスがこの対戦で最後にゴールを挙げたストライカーで、2014年2月の決勝点と印象的なセレブレーションとなった。

    ビアンコネリに対するトリノの最近の4ゴールのうちつ3ゴールはディフェンダー(ブルーノ・ペレス、マッテオ・ダルミアン、チェーザレ・ボヴォ)から挙げられ、4月にはファビオ・クアリャレッラがゴールを挙げた。

    10) 11引くフアン

    この最後ので我々を堪忍してください:ハロウィンの夜でのユベントス・スタジアムのクアドラードの決勝点、トリノは今シーズン、試合の最後の30分で10ゴールを失い、セリエAで4番目に高いものです。

    これはナンバー10に最も関係無い場合があります。しかしこれはこの素晴らしいダービーの瞬間へ注意を戻す正当な理由です。水曜日夜は全く別のものになります…

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK