28.10.2015 18:49 - in: イベント S

      ヴィノーヴォでの連帯の日

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      第5回「キック・アウト・レイシズム」プロジェクトで、ユベントスは助成金を与えます「プレイ・ウィズ・ミー」は、差別の危険にさらされている子供たちへ社会的同化を促進する新しい3年サイクルの始まりを賛美した

      人種差別や差別との戦いは、日常的に重要な献身とハードワークが必要です。

      この6年間、ユベントスは、トリノのユネスコ・センターと協力し2つの手刀な取り組みへコミットしています。

      2009年の始まりから、「キック・アウト・レイシズム」は、18歳から25歳のイタリアと、海外の反人種差別プロジュクトとプロの統合に貢献しました・

      2012年に発表された、「プレイ・ウィズ・ミー」は、社会的に排除の危険にさらされた子供たちにユベントス・サッカー・スクールに参加する機会を提供しました。

      水曜日にヴィノーヴォで開催されたイベントで、3つの受賞プロジェクトである「キック・アウト・レイシズム」の第5回目から、5,000ユーロをl’Associazione Gioventù Operaia Cristiana (青年労働協会)まで始めに補助金を与えました。
      一方、学生アレッサンドロ・ジウディッチとアブドゥル・ラシードは、それぞれの主導の「トゥッティ・イ・コローリ・デルエスターテ」と「リンバルツィーアモ…イル・ラツィツモ」は、2,500ユーロづつを受領しました。

      また、今日メニューでは、ユベントス・センターでの、「プレイ・ウィズ・ミー」は2005年産まれの子供たちへの3年のサービスを賛美しました。そして、プレーし、レクリエーション活動の全範囲に参加したが、より重要なことは友愛と帰属意識の感覚を構築することができた事でした。

      クラブの若い世代がお互いを同等とみなし、大事にしてきた原則に沿って成長し続け、2008年に運ばれる新しいビアンコネリのサイクルに、今日2012年以降プロジェクトから利益を得た人々が道を譲りました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK