27.08.2015 20:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      グループDのライバルを観察

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      イングランドのマンチェスター・シティー、スペインのセビリャ、ドイツのボルシア・メンヒェングラートバッハは、グループDでユベントスへ興味ある難局を与えます

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが、2年連続ノックアウト・ステージへ進む為に最善の結果を出さなければいけません。
      ヨーロッパのナンバー1クラブを決める戦いへ。ユベントスはグループDでマンチェスター・シティー、セビリャとボルシア・メンヒェングラートバッハから今シーズンのチャンピオンズ・リーグを戦い始めます。

      マンチェスター・シティー

      2010/11、2013/14シーズンで2度イングランドを制覇し、チャンピオンズ・リーグは、ブルーズにとって未だ獲得していない唯一の重要なトロフィーです。

      昨シーズンのプレミア・リーグ2位は先週ライバル・チェルシーに対し3-0で勝利し、54,331人の入場者記録を破りました。そして、シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムは6シーズン連続でヨーロッパでのフットボールでの大きな期待を持ちます。

      シティ・サポーターは、昨シーズンのチーム初の決勝トーナメントでバルセロナに敗退から、1つあるいは2のステップを上げベストの成績を残したいと思っています。
      チリ人監督マヌエル・ペレグリーニ監督は、もう一度グループステージを突破するために、昨シーズン6ゴールを挙げたアルゼンチンのスター、セルヒオ・アグエロに目を付けています。

      ユベントスは、マンチェスター・シティとヨーロッパで5および6回目の対戦となります。また、シティとのダブルヘッダーはチャンピオンズ・リーグでは初めてです。
      2チームは、直近で2010/11シーズンのヨーロッパ・リーグでのグループ・ステージで戦い、1-1の引き分けという結果になりました。

      セビリャ

      運命のいたずらです、抽選はスペイン南部へ移籍したフェルナンド・ジョレンテと魅惑的な早々の再会を設定します。

      5月にワルシャワでウクライナのクラブ、ドニプロに3-2で勝利しセビリャはヨーロッパ・リーグの勝者としてチャンピオンズ・リーグ出場資格を得ました。そして、彼らは決勝トーナメントへ3回目の進出を目指します。

      アンダルシアのチームは4回目のチャンピオンズ・リーグ出場となり、ウナイ・エメリ監督のチームはグループDでチャンスを掴もうとしています。8月のトビリシでのUEFAスーパーカップでバルセロナと戦い、スリリングな5-4の敗戦を行ないました。

      昨シーズンのヨーロッパ・リーグ優勝にゴールで貢献したコロンビア人ストライカー、カルロス・バッカがミランへ移籍したが、ウナイ・エメリ監督にはケヴィン・ガメイロ、イェウヘン・コノプリャーンカそしてチーロ・インモービレというダイナミックで精力的な攻撃チームの選択肢があります。

      スペインのチームとの対戦とし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、常に45,000人の入場者数を誇るエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンを訪問する最初のユベントスの監督となります。

      ボルシア・メンヒェングラートバッハ

      このドイツのチームと最後のヨーロッパでの対戦は、1975/76シーズンのカップ・ウィナーズ・カップでの計4-2の敗戦です。ユベントスはリュシアン・ファーヴル監督のボルシア・メンヒェングラートバッハ
      に遅くなったリベンジを行なおうとしています。

      2015/16シーズンのグループ・ステージデビューするアスタナとヘントと並ぶ3チームの内の1チームです。メンヒェングラートバッハは昨シーズンのブンデスリーガのサプライズでした。バイエルン・ミュンヘンとヴォルフスブルグを追いかけ3位でシーズンを終えました。

      1976/77シーズン2位のメンヒェングラートバッハは、6試合で失う物は何もありません。
      情熱的な54,000人のホーム観客がシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで迎え、ユベントス、マンチェスター・シティー、セビリャは勝ち点3を北西ドイツで奪うために戦わなければいけません。

      チャンピオンのバイエルンに次いで少ない26失点を岩の様に固いディフェンスで記録し、メンヒェングラートバッハは注目に値する2014/15シーズンを築き上げました。

      初めてのチャンピオンズ・リーグ・ノックアウト・ステージへ進出資格を得るため、昨シーズンの安定したディフェンスを築く、オスカル・ヴェント、ヤン・ゾマー、トニー・ヤンシュケがスイス人監督ファーヴル監督が必要な鍵となります。

      更に前線には、トルガン・アザール、グラニト・ジャカ、パトリック・ヘアマン、ラファエルが揃いゴールとアシストを中盤で繰り出します。彼らはグループDの全チームに問題を引き起こす可能性があります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK