01.10.2015 10:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    記憶に残るユベントス・スタジアムの夜

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリ、アルバロ・モラタ、シモーネ・ザザはユベントス・スタジアムでの夢の様なヨーロッパの舞台で、記録を作ります

    水曜日夜の勝利、ユベントス・スタジアムでユベントスは、チャンピオンズ・リーグ無敗記録を、10試合7勝に延ばしました。

    セビリャに対する2-0の勝利は、2チームの放ったシュート数の違いを表します。ビアコネリは、前半のセビリャの1本のシュートと対照的に、20本のシュートを放ち6回枠内へボールを放ちました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームはポゼッションに関しては、相手に対し辛くも上回りました。ファイナルサードでのポゼッションは54.4%とウナイ・エメリ監督のチームより4.5%高い支配率を楽しみました。
    また、ショートパスを繋ぐ事も正確であり、90.4%のパス成功率です。

    ビアンコネリはファイナルサードでほぼ4分の1のポゼッションを行ないました。

    個人レベルでは、アルバロ・モラタが試合を独り占めしました。
    41分のヘディングでのゴールは、チャンピオンズ・リーグで5試合連続得点を達成した史上2人目の1995年と1997年のアレッサンドロ・デルピエロと並ぶユベントスの選手となりました。

    昨日のゴールは、モラタにとってチャンピオンズ・リーグ9試合出場中、7ゴール目となりスペインのチーム相手には、昨年の決勝バルセロナ戦での1ゴール、レアル・マドリッド戦での2ゴールに続く4ゴール目です。

    モラタ(左)ペナルティエリアでの2タッチのうち1つで得点。セビリャ(右)がユベントスボックス内侵入は1度

    モラタにアシストを行なったアンドレア・バルツァッリは、相手陣地で40本のパスを送りました。

    一方、シモーネ・ザザは、チャンピオンズ・リーグ・デビューで、走力からゴールを奪いヨーロッパのデビューを果たしました。

    ディフェンスでは、エルナネスがピッチ上でどの選手よりも多くの9回、プレーからポゼッションを取り戻しました。
    一方、レオナルド・ボヌッチは、最多ブロック(8回)をセビリャのミッドフィールダー、ミカエル・クローン・デリ(5回)に対し、とジョルジョ・キエッリーニとディフェンスを行ないました。

    ゴールキーパーでは、ジジ・ブッフォンは、90分で1セーブし、相手キーパー、セルヒオ・リコの4つと対照的になりました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK