18.10.2015 23:12 - in: マッチレポート S

    引き分けのサン・シーロ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスは、サン・シーロでのインテル戦をハードに戦うも、スコアレスドローで勝ち点を分け合います

    ビアンコネリは、サン・シーロでのインテル戦を激しく戦うも、ゴールを奪えず勝ち点を分け合った。

    緊張感のあるサン・シーロで数回の明確な得点のチャンスがあった物の、ユベントスは2010年10月以来、最初のスコアレス・ドローとなった。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、立ち上がり良い調子で試合を始め、開始4分でフアン・クアドラードがゴールへドライブ・シュートを放ち、サミール・ハンダノヴィッチにセービングを強いた。

    しかし、インテルは素早く反撃に出て、マルセロ・ブロゾビッチがスマートなチップキックでジジ・ブッフォンのミスを誘い29分に先制のチャンスが訪れるもユベントスのキーパーが触れ、ボールはバーの上へ弾きました。

    後半の立ち上がりも同じ様に始まりました。クアドラードが再びハンダノヴィッチを脅かします。クアドラードの低い弾道のシュートをハンダノヴィッチが脚で反応し、ゴールの外へ弾きました。

    サミ・ケディラの69分に放ったシュートは、この試合で最も素晴らしいゴールチャンスとなり、インテルを震えさせたが、ポストに当たりゴールならず。

    インテルは、反撃にでるもビアンコネリが、ハーフタイムから57,7%のポゼッションをコントロールした。しかしチャンスを物にする事ができず、試合はスコアレスで終了した。

    ユベントスは開始4分で、アルバロ・モラタとクアドラードのプレーで最初のチャンスを産みます。
    右サイドでクアドラードがボックス内18ヤードの距離の強烈なシュートを放つも、ハンダノヴィッチがボールをクリアー。

    ビアンコネリのフォワードはインテルに問題を引き起こし、二、三のチャンスをインテル守備陣に対し自らのペースで生み出します。
    立ち上がり嵐を切り抜けた後、インテルは12分にブッフォンのゴールを襲い、ステヴァン・ヨヴェティッチのフリーキックはゴールを外れた。

    この後、26分には、ジェイソン・ムリージョの鋭いパスを捉えたヨヴェティッチがゴール近距離でシュートを放ちブッフォンに挑みました。

    そしてこのプレーの後、ロベルト・マンチーニ監督のチームはここまでで最もゴールに近いチャンスを作ります。ブロゾビッチのクレバーなチップシュートはゴールを外れクロスバーとなるもブッフォンを再び襲いました。

    インテルは、ゴールを狙い前へプレスをかけ続けるも、ユベントスの守備陣は、前半無失点を確実にするために、しっかりと戦いました。

    後半2分にシモーネ・ザザが、ムリージョとの駆け引きから、クアドラードへボールを送り、低いシュートを放つもハンダノヴィッチの脚に当たりゴールを外れ、ビアンコネリはリードを奪えない事に疑問に思います。

    ピッチの反対側では、ヨヴェティッチのストライカー・パートナー、マウロ・イカルディと激しく対決を楽しみ、ペナルティー・エリアの外からハーフボレーを放ち、ビッフォンを襲いました。

    69分に、ユベントスにこの試合最大のチャンスが訪れます。モラタは、力強くボールをキープし、ケディラへボールを送ると、ケディラはこのボールをシュート、しかしポストの外側に当たりゴールならず。

    残り10分で、イカルディがイヴァン・ペリシッチの上へ、クロスをビアンコネリのバックラインへ放つもアンドレア・バルツァッリがクオリティと経験で完璧にペリシッチからボールを奪った。

    ユベントスはポゼッションでより良く試合終盤を戦い、セリエAアウェイ2勝目へプレスをかけ、マリオ・マンジュキッチのアディショナルタイムのボレーなど貴重なシュートを放つも、ハンダノヴィッチからゴールを奪えず、アッレグリ監督のチームは勝利するのに必要な力が足りませんでした。

    トスカーナの戦術家は、維持された相手チームの続くプレッシャーに対するチームの対応方法を褒めるも、次の試合、水曜日のチャンピオンズ・リーグ、ユベントス・スタジアムでのボルシア・メンヒェングラートバッハとの対戦へ向け急いで対策を練ります。

    ユベントス
    ブッフォン; バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ, クアドラード, ケディラ, マルキジオ, ポグバ, エヴラ, モラタ (マンジュキッチ 71), ザザ (ディバラ 78)
    未出場控え: ネト, アウデーロ, ルガーニ, アレックス・サンドロ, パドイン, レミナ, ストゥラーロ, エルナネス, アサモア, ペレイラ
    監督: アッレグリ

    インテル
    ハンダノヴィッチ, サントン, ミランダ, ムリージョ,  フアン・ジェズス, メデル, (コンドグビア, 90+2), フェリペ・メロ (グアリン 64), ブロゾヴィッチ, ペリシッチ, ヨヴェティッチ (パラシオ 90+2), イカルディ
    未出場控え: カリーソ, ビアビアニー, テレス, モントーヤ, ラノッキア, ニュクリ, ダンブロージオ, 長友, マナイ
    監督: マンチーニ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK