25.07.2015 22:20 - in: 親善試合 S

      アッレグリ監督「適切なトレーニング」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズン最初のユベントスの親善試合の後、試合後のインタビューに答えました

      ピエール=エメリク・オーバメヤンとマルコ・ロイスのゴールが、ザンクトガレンでのボルシア・ドルトムントの勝利を導いたこの対戦の後ピッチサイドでユベントスの監督マッシミリアーノ・アッレグリがインタビューに答えました。

      スカイに話しました。
      「我々は負けるのが決して好きでありませんが、今日は全ての調子が戻り、我々の時間帯でゲームを進める事でした。
      ドルトムントはこの夏、既に多くのフットボールをし今日も示しました。

      我々は2、3のチャンスを逃し、わずかにより良くボールを動かすことができました、しかし、全体として重要な事は上海でのスーパー・カップの前に怪我のなく試合を終える事でした。」

      攻撃において新加入のマリオ・マンジュキッチととスペイン人アルバロ・モラタを支えている夏の新加入パウロ・ディバラを、トスカーナの戦術家は4-3-1-2のフォーメーションでチームを組み立てました。

      アッレグリ監督は、新加入選手の最前線から見えたものに満足したが、新しいシーズンが本格的に始まる前に、必要な最終的なパズルの1ピースはまだあるとほのめかしました。

      「パウロはとても才能のある選手で、彼はモラタとマンジュキッチを繋ぎました。しかし最終的に我々は走れませんでした。私が言った様に、
      私達は、選手とラインとの間でプレーする正しい機会が来る時に私達は動きます。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ 2015年7月25日

      彼が来るべきシーズンへの概要を終え、ユベントスの最初のプレシーズン・マッチでのパフォーマンスから8月8日土曜日にラツィオとのスーパー・カップでの対戦へ楽観的でありました。

      「我々、全ての面で戦うことにしたいです。多くの新しい選手と若い選手を使っていますが、良いテストになりました。頭を上げトレーニングに戻る時です。
      今日できたこと、そして今年成し遂げたい事で、私が解らない事を、我々は示しました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK