19.12.2015 14:30 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「勝たなければいけない試合」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達にカルピ戦に対し正しいアプローチで戦う事を訴えます。「我々は所謂『格下』に対して多くの勝ち点を落とてきたし、明日負ける余裕はありません。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、セリエA初挑戦のカルピへ完璧なパフォーマンスを入れ勝利し、スタイリッシュに2015年を終える事をビアンコネリに頼んでいます。

    ウディネーゼ、キエーヴォ、サッスオーロとの戦いで勝ち点を落とし、コッパ・イタリアでのフィオレンティーナとの対戦に勝利したカルピに対し、決して簡単ではないと意味します。

    しかし、アッレグリ監督は、チームがモデナで戦いセリエAで7連勝を記録するために潜在的な「油断」を取り扱うのに十分、チームが成熟していると、確信しています。

    ヴィノーヴォでメディアに話しました。「我々はこの試合で勝たなければいけません。重要な連勝の後の対戦です。しかし、我々が所謂『格下』のチームに対し、多く勝ち点を落とした事を忘れてはいけません。明日、間違えてはいけない。

    クリスマス中断前の試合は、シーズン開幕戦と、1月の最初の試合と共に油断出来ません。しかし、我々には信頼できる選手が多くチームに在籍していますし、我々が正しい形で対戦へ近づ蹴る事を確信しています。」

    スタディオ・アルベルト・ブラーリアでの勝利は新年の始まりへユベントスを強力なポジションへ向かわせ、2015/16シーズンのスクデット争いへ確実にします。

    ハードワークと分別のあるアプローチのアドバンテージをチーム復活の要因の鍵としてあげているアッレグリ監督と、今シーズンのタイトル防御に出遅れた後、注目に値する運命の転換を意味します。

    「我々は現在より多くの信頼でプレーしていますし、アプローチでより良く試合をマネージメントします。それが当面は、将来の間の良いサインであると私は思います。
    秘密は無く、ただハードワークと距離感を維持しています。

    おそらく、我々はシーズンの始まりのこのチームの結論を出すのはあまりに早かったです。物が良く行ってない時、落ち込まずハードワークを通して問題を解決することができます。
    そして、我々の現状で、同様に長いシーズンで上手くやっている時に我を忘れてはいけません。」

    タイトル・レースに関する考えでインタビューを締めくくりました。「ローマを外す事は出来ません。チャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出を達成しタイトルを狙っています。ナポリも同様です。

    インテルは上手くやっていて、タイトルへの強いチームと監督がいます。さらに、利点としてヨーロッパでの戦いが彼らにはありません。」

    タイトル・レースはシーズン最終戦かその前の試合まで争われるでしょう。我々は、その最後のラインにいて、2016年を2015年最後の数月より良くする必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK