03.11.2015 23:57 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「我々の発展の前進」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリの監督は、結果を良い点を見ました

      「我々は、立ち上がり上手くプレーし、相手が10分間トップに乗るのを許した。そして、その間で失点しました。」これは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がボルシア・パルクでの試合を分析し始めた言葉です。
      「同点後、我々は試合を掴んだが、退場が犠牲になった。」

      試合終了後、アッレグリは試合のポジティブな点に触れました。
      「まず第一に、試合が進んでいた時に、ブッフォンは、足で決定機をビッグセーブしました。
      それから、グループの順位ですが、ポジティブです。厳しい2試合を戦うが、2試合を勝ち点8でプレーします。
      もしシーズンの始まりでこれを提供したなら、私はこのポジションを取ったでしょう。」

      全チームをテストした厳しい夜
      「技術的に、そして、キャラクターに関して、このような試合は、チームが育つのを助けます。我々は、最初のプレッシャーで屈する余裕はありません。
      我々は、試合へのアプローチと、異なる特定の期間を学ぶ必要があります。」
      しかし、監督はチームのモチベーションに関し、疑いがありません。
      「我々は、例えば怪我など2、3の支障があったシーズンですが、選手達のモチベーションは、非常に高いです。
      我々は今夜は若いチームであったのを思い出す必要もあります。何人かは、チャンピオンズ・リーグで2、3回出場するだけでした。
      ですので、我々は落ち着いて、緊張せず一緒に育つ必要がありました。
      競争力は全くもって良い事ですが、最後にボールは向こうにありますし、それを上手に扱う必要があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK