19.10.2015 00:12 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「今夜は、最先端が不足していた。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスの監督マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、サン・シーロでの試合を振り返り、ゴール前で鋭さが足りなかった事を後悔しているが、強い守備で引き分けに持ちこんだと考えます。

      ミラノ、サン・シーロでのユベントス対インテルの対戦は激しく戦われたもののスコアレスドローと引き分けとなり、勝者のいないこの試合でビアンコネリの監督マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、試合後メディアに対しチームの頑なパフォーマンスでの満足の理由がありました。

      選手達のプレーを反省し、チームが順位を挙げる為にはゴール前でのプレーを良くする必要があると認め、監督はシーズンを楽観的に見ています。

      Sky Sportイタリアのカメラにアッレグリ監督は話しました。
      「我々は、(アンドレア・)バルツァッリが今夜、バックでのプレーと同じ位ゴール前で冷静になる必要があった。
      我々は、今夜良い形で入り込みましたが、8試合9ゴールはタイトルを獲得できる形ではない。
      我々には、まだやらなければ行けない事があります。」

      結果、両チーム順位表に影響が無かったにもかかわらず、アッレグリ監督はインテルの攻撃をシャット会うとした、チームの守備のクオリティに満足し、価値のある無失点を得ました。

      「勝ち点は、我々に影響しませんが、ポジティブな部分として、我々は非常に良い守備からインテルに得点と勝利を許さなかった。
      勿論ゴールの前で良くなる必要がありますが、守備の面で、今夜非常によかった。」

      さらにフォワードで、ユベントスはファイナルサードでのチャンスを逃している事を後悔しているが、マリオ・マンジュキッチの復帰のプレーやアルバロ・モラタとシモーネ・ザザ数週間でのプレーから、ビアンコネリ・ファンは、来るべき試合での運の上昇を期待できる正しい理由があります。前述のストライカーにおいて、アッレグリ監督には自由で多くのオプションと価値のあるキャラクターを選択出来ます。

      「モラタには、我々の他のフォワードのどの選手とでもプレーできる性質があります。
      一方ディバラは試合を発展させることの出来る選手です。
      彼は立派なドリブラーですし、フィジカルでペナルティエリアの守備陣を揺さぶれるより伝統的なフォワーになろうとしています。

      マンジュキッチは、両方のウイングの選手どちらとでもセンターで良く働きます。
      そして、ザザがいます。彼はカウンターで非常に危険な存在になれます。」

      守備のベースが作られ、鍵となる選手のフィットネスが戻り、前線に多くの才能が揃い、ユーヴェにポジティブなままでいる必要性を確実に示し、アッレグリ監督はインタビューを終えました。
      最終的に5月までシーズンは終わりません。

      「今夜の試合は、チャンピオンシップの運命を決めません。我々はが来たる3月までタイトルを争う限り幸せだろう。
      ゆっくりとだが、確実に、落ち着いて、結果を一貫して確立し、タイトルを奪いに行きます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK