16.09.2015 00:51 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「相応しい勝利と大きな熱意」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、マンチェスター・シティからの勝利後、キャプテンのジジ・ブッフォン、フアン・クアドラード、そして2人の得点者マリオ・マンジュキッチ、アルバロ・モラタへの多くの賞賛を話しました。

      マンチェスター・シティは、今シーズン5試合5勝を記録し635分無失点でした。強力な攻撃と不敗の守備側を擁していた。
      そして…昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ、ファイナリストであるユベントスは、北イングランドで記録を破り勝ち点3をホームへ持ち帰りました。

      ビアンコネリのボスは、試合終了の笛の後、プレミアム・スポートに「素晴らしいプレーであり、チームは大きな称賛に値します。」と話しました。

      リーグ戦を不調でスタートした後、チームが「再びシンプルに自分達のプレーをし、中盤でタイトに戦い始めた。」とアッレグリは説明しました。

      「我々は、今夜、殆ど崩されなかった。ファイナル・サードで本当に上手くやらなければならなかった時、前半中盤でボールを失い、ブッフォンがセーブしなければならなかった時だけです。」

      昨年10月のチャンピオンズ・リーグ、アトレティコ・マドリッド戦以来ユベントスは、開始45分でシュートを枠へ納める事が出来ませんでした。
      前半、シティの7本に対し、ユーヴェは、なんとか相手エリアで1本シュートを打つ事が出来ました。

      が、後半、これは全く別の問題でした。

      「我々の攻撃は、後半良かった。自分自身がパニックに陥りませんでした。」

      「我々に相応しい勝利です。しかし、フットボールは面白い物です。最初にジジは最高でしたし、我々は得点もしました。我々は、ただ信じ続けました。

      我々はセリエAで不調で、チャンスを勝利に結びつける事が出来ませんでした。少し時間が必要で、私は1週間このチームと働くしか出来ませんでした。
      しかし、我々がどの様にキエーヴォと戦い、今夜した事を観て、自分達の見通しは良いと思います。

      チャンピオンズ・リーグと比較しセリエAの方がスペースが少なく、より慎重になる必要があります。」

      全く、ヨーロッパのステージでは、別のフットボールです。
      「常にチャンピオンズ・リーグへのモチベーションとなりますし、この勝利は大きく背中を押してくれます。精神的にです。」

      「私がキックオフ前にロッカールームで言った事は、今この時に、我々は良いパフォーマンスを行なう事に集中しなければならないということでした、そして、それが出来るなら、逆境をはね除ける事ができるという事です。

      選手は、プレーでより多くの物を証明しました。我々が守備に回る時、マン・シティを遅らせ中へ入れさせませんでした。我々がポゼッションを失った時に、唯一カウンターで我々にシュートを放ちました。」

      フットボールは、単純な競技です。監督は言います。
      「試合に勝つ為には、良い攻撃とキッチリとした守備が必要です。」
      これは、正確にこの試合でプレミア・リーグ首位のホームでユベントスが行なったことです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK