12.12.2015 13:00 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「チャンスを取り完璧に集中」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、2位フィオレンティーナとの明日の試合に重要性を概説「勝利は、セリエAで追いつくのを許します。我々は、ヴィオラとの対戦へ集中する必要があります。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、日曜日夜のフィオレンティーナとの対戦で、幻想にとらわれない重要さを話し、ビアンコネリが2位のパウロ・ソウザ監督のチームとの差を埋める素敵なチャンスとなる対戦になります。

      セリエAでの5勝はユベントスをシーズン開始で出遅れたユベントスへ首位への猛追をさせ、アッレグリ監督は、翌日の勝利がクリスマスまでに上位3チームに登れる事を知っています。

      ヴィノーヴォでメディアに話しました。「この試合は、我々のシーズンで重要な交差点を意味します。勝つ事は我々を追いつかせ続けるのを許しますし、我々は来る3月までに上位で戦いたいです。」

      アッレグリ監督によると、彼がフィオレンティーナ戦克服への鍵は、チャンスを物にし集中してフットボールをする事です。

      監督は、チームへの特定の注意を話し、集中への過ちがチャンピオンズ・リーグでのセビージャ戦でのユベントスの犠牲になり大切なだと思うと言いまうす。

      「セビージャとの火曜日の試合で見えたように、我々は明日の夜の対戦で、集中の低下を避ける必要があります。
      我々は良いパフォーマンスを残したが、3つまたは4つの状況でボールを上手く扱えず、失点する事に。つまりヨーロッパで守りを落とした時に何が起こるかです。

      フィオレンティーナは素晴らしいフットボールをし、技術を攻撃性と合わせます。彼らが本物のタイトル競争相手かどうか我々は次の数ヶ月に見ます。しかし彼らは現状のリーグでの順位に完全に値しています。」

      今日の記者会見が終わる前にダニエル・ルガーニとアルバロ・モラタに関する話しもあり、5選手がフィオレンティーナ戦へチームに戻ることになっているとトスカーナの戦術かが確認し、治療テーブルからのポジティブなニュースを提供しました。

      「ケディラ、マンジュキッチ、エヴラ、パドイン、ザザの全員は明日チームに入る事になっています。ゴールを奪えなかったという事実に関係無くモラタはセビージャ戦で良いプレーを残したし、ルガーニは今とクリスマスの間でプレーするチャンスがあります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK