21.10.2015 23:57 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督「十分に冷静ではない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督、ユベントス・スタジアムでのボルシア・メンヒェングラートバッハ戦のスコアレス・ドローでのチームの欠如を嘆いた

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日のユベントス・スタジアムでのボルシア・メンヒェングラートバッハ戦での0対0の引き分けで、2試合連続でビアンコネリが無得点であることを嘆きました。

    この引き分けは、日曜日のサン・シーロでの0-0で引き分けたインテル戦に良く似ており、今年のチャンピオンズ・リーグで、初めて対戦相手を悩ませるファイナルサードで必要な落ち着きが足りませんでした。

    ボルシア・メンヒェングラートバッハのアルバロ・ドミンゲスへ前半の終わりにイエローカードを与えるようなリスクも与えたが、ユベントスが勝ち点3をこの試合を奪う為に自身がより良いプレーを行なう必要が合った事実から、アッレグリ監督は離れられません。

    「我々は今夜極めて少ないが明確なチャンスを作り、ボルシアへ問題を引き起こす多くのチャンスがありました。我々がこれを物に出来なかった理由はいくつかあります。間違った選択や劣った理由、ときにあまりに自分勝手な時です。

    レッド・カードが試合を変える事ができるというのは本当ですが、責任として技術的な見解からより良くプレーし、フィニッシュを決める運命は自分たちにありました。同じことはミラノでも起こり、そこでも得点が出来ませんでした。」

    トスカーナの戦術家は、後半先制点を奪うため、いくつかの変更をしました。ファン・クアドラードとロベルト・ペレイラを変えました。その一方で、アルバロ・モラタをパウロ・ディバラを交代は81分に行なわれました。

    選手の起用と交代のタイミングの理由に関して、アッレグリ監督は以下の様に説明をしました。
    「クアドラードは直近で沢山プレーし、いつも通りの調子では活発でありませんでした。
    私は、得点を奪う為にペレイラを投入しました。

    「ボルシアに対し、よりフィジカルな前線の戦いになるだろうと言う事で、モラタとマリオ・マンジュキッチを先発で起用する必要がありました。
    ディバラは、少し良かった。彼には多くのクオリティがあるが、成長する時間を必要とします。センターフォワードの後の役割で、彼はトップ・プレーヤーになります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK