17.10.2015 16:00 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「ミラノでの試合に関して」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、日曜日夕方のイタリア・ダービ、インテル戦に就いて話します「それは、一か八かの試合でありませんが、多くの部分で上手くやる必要があります。 我々は、自分たちの試合無しにミラノに行くことはできません。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、サン・シーロで開幕初期にリーグをリードした、インテル・ミラノと対峙し、ビアンコネリが自分たちの試合をしなければならないと言い、イタリア・ダービーの結果が、今シーズンのスクデットの最終的な運命とは関係無いと主張した。

      首位フィオレンティーナの後ろを勝ち点16でセリエA2位に着けているインテルは、今シーズン良いスタートを切り、ユベントスに対してポジティブな結果でタイトルへ導こうとしています。

      そこから、ユベントスがスクデットへの野心を再び燃やす為に不可欠な勝ち点3をミラノで奪えるなら、最高の成績が必要となるとアッレグリ監督は認めた。

      ヴィノーヴォでメディアに監督は話しました。
      「これは、決して一か八かの試合でありません。現実的になる必要があります。
      スクデットへ叫びをあげ無ければ行けませんが、明日の試合はタイトルの運命になるかと言えばそうではありません。」

      「素晴らしい物の1つがイタリア・ダービーです。我々は80,000人の前でプレーし、それに加え世界中の人がテレビで見ています。
      我々は上手くやり動機が沢山あり、強く戦い、正しい方ホプでプレーしなければいけません。我々は、自分たちの試合無しにミラノに行くことはできません。」

      アッレグリ監督には、アウェイ遠征への選手選ぶのに完璧なメンバーから選ぶ贅沢さがあり、最近の負傷で悩みますが、クラウディオ・マルキジオ、マリオ・マンジュキッチとアルバロ・モラタは、先発を争います。

      直近の代表試合期間がチームのメンバーにケガ人を出しました。今日の午後最後のトレーニングで選手達を調整し、チームを慎重に考え無ければならないと監督は認めます。

      「明日、今シーズン初めて私は、全選手かたチームを選べます。メンバーの数人は、同じフィジカルの調子ではありません。

      我々は、全員の状態、特に代表から戻った選手を見る必要があります。
      きちんと回復していない代表選手がしますし、今日評価する必要がある、負傷した選手もいます。しかし全員がチームで動く事が出来ました。」

      「我々は忍耐強くなる必要があり、同時に、長いシーズンへの結果を得る必要がある。」

      マッシミリアーノ・アッレーグリ 2015.10.17

      インテルとの試合は、この月の厳しい試合の最初のハードルとなり、いくつかの鍵となるトレーニングへの復帰は、監督に取って重要な時間になります。

      そして、セビリャとボローニャに対する連続勝の勢いで、ポジティブ結果を出すのに必要なものをビアンコネリが持っていると確信しています。

      「我々は忍耐強くなる必要があり、同時に、幸いにも、長いシーズンへの結果を得る必要がある。
      我々は、ただ再び良い形で戦う必要があります。チャンピオンズ・リーグとセリエAの日程がある、大事な月です。
      我々は、再び全員集まりました。一部の選手は休む必要があるが、試合は近づきます。

      わずかな時間がかかりますが、時間と結果と良いフットボールの正常な組合せを得る必要があります。
      私はこのチームには大きくなる自然なプロセスがあると思います。そして、あなたが知っているように、10人の新しい選手が加入しました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK