26.11.2015 00:18 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督「正しい方向に向いている」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日夕方、マンチェスター・シティ戦の勝利でユベントスがチャンピオンズ・リーグ、ベスト16進出を確実とした選手達を称賛します

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日の夜のユベントス・スタジアムでのマンチェスター・シティ戦勝利で、1試合残しチャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出を果たしたチームに敬意を表しました。

    選手達が前進する間、まだ働き続ける余地がある事をアッレグリ監督は強調し、グループD首位で通過の為に、12月のアウェイ、セビリャ戦でビアンコネリはポジティブな結果を出そうとしています。

    試合後メディアにトスカーナの戦術家は話しました。
    「私は、選手達と喜んでいます。特にこのような難しいグループで、5試合で予選を通過する事は簡単ではないからです。

    チームは成長していますが、改善するべき所がまだあります。我々はより落ち着いて試合をこなしたかもしれません。しかし、ピッチには4-5人の若い選手がいましたし、ヨーロッパでの戦いは簡単ではありません。

    シティ戦でアルバロ・モラタではなく、決勝点を奪ったマリオ・マンジュキッチを先発で起用した理由を聞かれ、アッレグリ監督は話しました。
    「私は二日前に、決定しました。特にこの種の試合では、アルバロはベンチスタートで貢献出来るオプションです。」

    一方、フォワードのパウロ・ディバラとモラタのポジティブなパフォーマンスを認め、監督は、18分のマンジュキッチの先制点に素晴らしく激しいクロスでアシストを提供したアレックス・サンドロへ賞賛を与えました。

    「アレックス・サンドロは、このチームの優れた新加入選手でした。エヴラの様に、攻撃と防御と素晴らしいシフトと入れられ、正念場で全てを経験した。

    ディバラは、立派なセカンド・ストライカーに変わっています。今夜、彼はラインの間でよく動きましたし、守備が彼を見失わずにいる事は難しかったです。
    一方モラタは、ますますセンターフォワードの役割になっています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK