22.11.2015 04:41 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「満足な成功」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス・スタジアムで土曜日の夕方にミラン戦勝利を見守り、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、彼の指導の一貫した進展を明白に示した

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、土曜日の夕方ユベントス・スタジアムでミランを破り無失点とリーグ戦3連勝は、特に監督にとって気持ちの良い点であった。

      試合の後ジャーナリストと話しました。
      「私は、チームの攻撃の意図と、相手の前線の選手に対するディフェンス面に非常に満足しています。

      「我々は、ファイナルサードでより分析的になるにはパスのペースに取り組む必要があります。それでも我々は、今日バックでの強さを明らかにし、無失点を保ち、これを1つ正しい方向への一歩だと考えます。」

      ハーフタイムでフォーメーションを変えた事について尋ねられて、トスカーナの戦術家は、説明しました。
      「3-5-2であれば、アレックス・サンドロは、4-4-2より前線に進み彼のペースと意志を利用する事ができます。

      一方、私は、ポジションを攻撃する際に3人でプレーする事が重要だと思い、ディバラが今日、ライン上で本当に効果的に動いたと思います。
      (ロベルト・)ペレイラが怪我から戻り、エルナネスがピークのコンディションに達する時、我々はビルドアップでのプレーにおいてより予想がつきません。」

      アッレグリ監督は、最後に先週ドイツ代表でプレーしたサミ・ケディラの怪我と、前半にアレックス・サンドロと交代したパトリス・エヴラの怪我に就いて話しました。

      「サミの古傷は、代表から戻り悪化しました。彼は木曜日によくトレーニングを受け、昨日はOKでしたが、私は彼のリスクを冒さない方を好みました。

      パトリスに関しては、彼の足首はわずかな間、今は100パーセントでありませんでした。他の選手は、回復への道の上にいます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK