27.09.2015 00:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「責任は、我々に」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スタディオ・サン・パオロで2-1で敗北したナポリ戦後Skyにマッシミリアーノ・アッレグリ監督はコメントし、ビアンコネリをシーズンの軌道に戻すために、選手の団結をハードワークを要求

    スタディオ・サン・パオロでのエキサイティングな対決のユベントスの敗北。
    勝ち点を奪いシーズンを本格的に始動する為の挑戦を乗り越えられないビアンコネリにマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ハードワークと忍耐でチームに勝利を見つける事ができると確信しています。

    試合後Skyのカメラに監督はコメントしました。
    「厳しい試合でした。ナポリの力強いカウンター攻撃を称賛しなければいけません。我々の守備のミスを最大限に利用した素晴らしい2ゴールでした。」

    ポゼッション争いを押し進め、対戦の序盤の試合のコントロールが激しく入れ替わり、ゴンサロ・イグアインとロレンツォ・インシーニェのコンビがナポリに先制点を与え試合は動きました。アッレグリ監督にとって、これは水曜日のフロジノーネ戦のデジャヴになり、ユベントスの対戦相手が、再び決定機を物にしました。

    「最初の25分程、我々はより良く試合をコントロールした様に見えました、しかし、試合は突然(ロレンツォ)インシーニェと(ゴンサロ)イグアインのプレーでナポリに傾きました。ナポリは整理整頓されたチームです。彼らに対してミスをすればリスクになると予測しなければなりません。

    しかし、これはフットボールです、コーナーは2、3日前の試合で決められ、2つのパスミスがこの試合を決定付けました。
    我々は劣ったパフォーマンスですが、これにくよくよしては行けません。我々にとって現在重要な事は仕事に戻ることで試合に勝ち始めるという事です。」

    残りのシーズンに関して、監督の意見は変わりません。
    まだ勝ち点96点がプレーで得られますし、5月には順位表でトップを目指します。

    「どこで、我々は終わるか?我々がタイトルの為にトップ3、4か本当に挑戦中か、など私は見ません。物の向きを変え、正しく戻れるかは我々次第です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK