28.11.2015 12:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「我々は、会長である必要がある」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、明日のアウェイ、パレルモ戦で再び連勝というポジティブな結果を維持するよう主張した

    ビアンコネリはセリエAを3連勝で、ここ数週間で順位を上げてきた。スタディオ・レンツォ・バルベラでの日曜夕方のパレルモ戦で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はこの形を継続する為に熱くなっています。

    パレルモは、ダヴィデ・バッラルディーニ監督が就任して最初の試合でラツィオと戦い引き分けており、ビアンコネリはリーグ戦4連勝を上げる為に準備をしなければいけないとアッレグリ監督は、主張しました。

    ヴィノーヴォでメディアに話しました。
    「明日の試合はとても厳しいだろう、我々は集中し決心を持ち高いクオリティで戦う必要あります。彼らは先週末からまた調子を上げ、情熱的なホーム観客に駆り立てられます。
    ユベントスに対して勝つことは、常に相手にとってちょっとした戦利品です。

    我々はちょうど今リーグ順位を急いで上がっています。我々が一貫した形で、ポジティブな結果を出す事が重要です、我々は順位を上げ続けることができて、クリスマスまでに強い位置にいる事ができます。」

    一方、ヨーロッパでの戦いで、水曜日にユベントスは、チャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出をマンチェスター・シティ戦勝利で決め、ヨーロッパでの戦いで継続的な成長を確実にし、選手とクラブが全体で約束されていると監督は強調しました。

    「我々は、ビッグマッチを制し、代表選手が多く在籍するチームに対し素晴らしい結果を出した。しかし、正しく続ける為に、ハードワークする必要があると我々は知っています。

    我々は現在、ベスト16進出を確保しました。これは、今シーズン2つめの目標でした。最初の目標である、スーパーカップ獲得でした。
    この上で、我々は、次のラウンドでヨーロッパのトップクラブとの対戦を避けるためにグループD首位突破を狙います。」

    話題をチームのニュースに向け、誰が日曜日の夕方に先発でシチリアで戦うかアッレグリ監督は明言しませんでした。そして、監督は自由で異なるオプションに満足していたと述べ、ストライカーを初め、全員が先発を争っていると言います。

    「アルバロ・モラタは、良い調子に戻っています。怪我から回復していますし、彼には多くの能力があります。

    今、マリオ・マンジュキッチが、最近の試合のチームにとって重要な違いのあるクオリティを提供するという事実は、モラタがベンチを温めるメンバーになるという事ではありません。

    パトリス・エヴラが左サイドバックで大部分で試合出場しているが、ポジション争いは健全です。アレックス・サンドロは水曜日の試合で先発し素晴らしいプレーを行ないました。」

    翌週は何人かの選手が怪我から戻ってくる予定で、怪我の状況に関し監督はコメントしました。
    「マルティン・カセレスの状況は深刻でありませんが、代表での煩わしい怪我に関し未だ時間がかかります。

    来週、サミ・ケディラが3~4日以内にトレーニングに復帰し、金曜日のラツィオ戦後にロベルト・ペレイラ、クワドォー・アサモアが戻ります。
    エルナネスはまだ外れますが、(シモーネ・)パドインは再びチームと共に働き始めました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK