25.10.2015 18:22 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「我々には、いくつも良いプレーがあった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2

      ビアンコネロのポジティブな結果とパフォーマンスという良い仕事は、2-0でアタランタをホームで破り、監督を満足させた。

      試合終了の笛の後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、コメントしました。「選手達は強いプレーを示した、無失点に抑え、多くの得点機会を作り、非常に良いサッカーをいくつも行ないました。た。

      私が唯一批判したい所は、終了間際、10人の相手に、ポゼッションし落ち着いて試合を進めエネルギーを節約しなければいけないという事です。」

      パウロ・ディバラは、先制点とマリオ・マンジュキッチの後半のゴールをアシストという素晴らしいプレーを残し、アッレグリ監督は、ディバラを賞賛し彼のキャリアを通して新しい才能を育てるアプローチを擁護した。

      「私はパウロの、またペレイラもですが、ピッチ状でのポジショニングのセンスが好きです。彼(ディバラ)にとってパレルモの時とは違います。パレルモで彼はリーダーでセンターフォワードとしてプレーしていました。ここで彼は、別のポジションに適応し、試合のフィジカル面で慣れる必要があります。

      私は、自分のする事を信じますし、私は常に、若かったカリアリの時から、今のユベントスまで、若い選手をベストで使いました。」

      ピッチの反対側で、ビアンコネリの全大会での3試合連続無失点に関し、アッレグリ監督は、チームの努力が調子の良いポジティブなディフェンスを示していると指摘しました。

      「我々は、だいぶフィジカルで頑張っています。選手は個別に良く動いていますし、対戦相手の問題に立ち向かい無失点を保っています。」

      一方、ポール・ポグバのPK失敗が睡眠を失う事の物ではないと監督は主張しました。

      「PK失敗は、問題でありません。誰も、それを失敗としたら成長できません。
      ポールは成長していますが、より良くなる余地もあります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK