11.09.2015 13:00 - in: セリエA S

      アッレグリ:「なんとしても勝つ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、キエーヴォとの対戦で重要な勝ち点3を奪い、ユベントスの多忙な日程へ臨むことの重要性を強調

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今週始めに、ユベントスがシーズンを本格的に開始する事に関し話した後から、キエーヴォとのユベントス・スタジアムでの対戦で、2015/16シーズン最初の勝ち点を奪う事の重要性を繰り返しました。

      ヴィノーヴォでジャーナリストと話して、彼は始まりました:
      「我々は、ホームで今シーズン最初の勝利を、リーグ上位で調子の良いチームから奪う必要があります。
      前年と比べ、キエーヴォはプレッシャー無しでトリノに来て、勝利を奪いに来るでしょう。

      明日から、我々は忙しく3日おき試合を行ないます。そして、どの試合も重要で、最大に集中し、注意を持って戦う必要があります。」

      ウディネーゼとローマとの敗北後、アッレグリ監督は、チームに試合と対峙するにあたり、明確な心で試合に臨むよう訴えました。そして、クラブの誇り高い歴史を例えに勝利の方法へ戻る他に手はないと強つ主張しました。

      「我々は、2敗について現実的になる必要があります。我々は明日勝つ必要があると解っていますし、緊張せず怖れてプレーする事はありません。
      大事なのは、落ち着いて、信用し、点を取るという事です。

      「ユベントスに移行期間は、ありません。我々は常に勝つためにプレーし、それが正しい進むべき方法です。
      次の挑戦に完全に集中し、リーグ上位を目指し、ポジティブな気持ちでチャンピオンズ・リーグをスタートしたい。」

      キエーヴォとの対戦でプレーするチームを注目すると、クラウディオ・マルキジオとアレックス・サンドロを先発で出場させるとトスカーナの戦術家は話しました。そして、アンドレア・バルツァッリも先発でプレーすると付け加えまし。
      一方、ストライカーは、昨日風邪を克服しトレーニングに戻ったアルバロ・モラタの状態の様子を観ます。

      忙しい移動ウインドウの後、監督は、獲得した色々なオプションについて満足していると強調しチームのポリバレント性は、シーズンが進む上での貢献になるでしょう。監督は会見で、来年春までの全3大会での競争でのチャレンジの難しいスタートをプッシュする必要があるとも話します。

      「特定の選手が呼ばれ異なる選手の影響の瞬間にチームは様々なクオリティを誇り、それはシーズンの戦う上で本当に良い面です。

      今、私はチームの殆どを新しくしました。私達にオプションはなくとも力強くシーズンを戦います。私は、迫る月までに戦いたいです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK