29.07.2015 20:00 - in: 親善試合 S

      アッレグリ監督は、レヒアとの戦いを分析

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスの監督は、シーズン前の勝利が、次週末のスーパーカップ決勝ラツィオ戦への自信を産む助けになったと思っています

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ユベントスがレヒア・グダンスクとのテストマッチで信望強く続けた結果に満足しています。

      ポーランドのチームとの対戦では均衡した試合となりました。開始8分でのポール・ポグバの先制点と終了間際のマリオ・マンジュキッチのゴールで信頼を産むのを手伝う事ができるとユベントスの監督は思っています。

      PGEアレーナでメディアにアッレグリ監督話しました。
      「ミスもあったが、この試合から結果出せる事は、重要です。
      それで、我々は結果としてより良く動く事ができます。」

      誕生日にスターティングメンバーに選ばれた、ダニエレ・ルガーニとポグバのヘディングをアシストし、試合後のスタッツから監督によって特別に賞賛されたパウロ・ディバラの2人について話しました。

      「ルガーニは上手くやりました、彼が3バックでプレーしたのは初めてでした、そして、ディバラも良く見えました。」

      前半5分に負傷退場してしまったジョルジョ・キエッリーニの怪我に以外は成功した試合でした。

      ディフェンダーが来るべき治療結果により、ラツィオとの次週末のスーパーカップ折衝に間に合い不満を追い払う事が出来る事を望んでいるとアッレグリ監督は明らかにしました。

      「キエッリーニは腿が固くなるのを感じました、そして、我々はここ数日で状況を評価します。
      怪我が重大でない事を望みます、ですが、我々にはスーパーカップ決勝のためにセンターバックとしてカセレス、ルガーニソれにボヌッチがいます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK