29.07.2015 11:00 - in: 親善試合 S

      アッレグリ監督とリヒトシュタイナーのレヒア戦プレビュー

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      トスカーナの戦術家とスイス人ディフェンダーは、ポーランドで試合前の会見を行ないます

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、レヒア戦が上海でのラツィオとのスーパーカップ決戦前のユベントスのシーズン前の進展を計るテストになると思うっています。

      エクストラクラサ(ポーランドのトップリーグ)を5位で終えたレヒアは彼らのチャンピオンシップへのキャンペーンを二週間前に開始し、イタリアの前回優勝チームの為に、適切なトレーニングになります。

      グダンスクでメディアにアッレグリ監督は話しました。
      「今シーズン既に2試合リーグ戦を戦っているチームと良いテストマッチを行なうためにこの素晴らしい都市に来れて光栄です。
      スーパーカップ決戦への準備のためにも重要です。これはシーズン最初の目標です。」

      ユベントスの2015/16シーズンの最初の主なハードルであるスーパーカップ決勝を乗り越え、監督は、クラブ歴史の日付をしっかりと刻むと言います。

      「全大会に関する限り、スクデットは我々の主な目的です。5年連続タイトルは1930年代のユベントスとグランデ・トリノだけが収めることができた偉業です。スクデットを獲得することによって歴史に残るのを、我々が見ます。

      我々にはミラノの2チーム、ローマ、ラツィオそしてナポリという立派なライバルがいるので、簡単でありません。
      今年は均衡し争われるチャンピオンシップです。」

      8月中旬までアンドレア・バルツァッリが欠場し、バースデーボーイの夏に獲得したダニエレ・ルガーニをPGEアリーナで輝くチャンスを与えることを、アッレグリ監督は明らかにしました。

      「ルガーニはスターティングです。彼は若い、優秀な選手でうが、落ちついて、適応する時間が必要です。
      私は、スーパーカップより前に全体的にチームを改善するために、利用できる試合全てを使います。
      バルツァッリが決勝に欠場しなければならないことは残念です、15~20日間の怪我です。」

      アッレグリ監督と記者会見を一緒に行なったのはシュテファン・リヒトシュタイナーでした。そして、リヒトシュタイナーは来るべきシーズンのクラブの主な目的について監督と意見と同じことを言いました。

      チームがレヒア・グダンスクに対しての結果で集中的なプレシーズンの見返りを獲得できることを、スイスのディフェンダーも望みます。

      「我々の最初の狙いは、スクデット・タイトル防衛です。
      毎年がゼロからの出発ですから、難しいです、しかし、最大の準備で臨み全力で戦います。
      ドルトムントとの試合で見られた様に現時点で足は思いです。しかし、私達は、ステップを踏みます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK