29.08.2015 14:00 - in: セリエA S

    アッレグリはローマではビッグマッチを行ないます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームがスタディオ・オリンピコで勝ち点3を奪うには、フル回転で戦わなければいけないと言います

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームがスタディオ・オリンピコでスクデットを争うライバルローマとの対戦で勝ち点3を奪うには、最善のプレーをしなければならないと言います。

    昨シーズン2位となったローマのリベンジを受ける今シーズン、新しくなったローマに対し警戒するよう、トスカーナの戦術家はユベントスに警告しています。

    ヴィノーヴォで対戦に向けた会見をアッレグリ監督は行ないました。:
    「ローマは、我々、インテルと共にスクデットの本命で優れたチームの一つです。
    昨シーズン我々の後ろに着いた後、彼らは全力で戦うでしょう。ですので我々は正確な強さでプレーしクオリティに自信をもつ必要があります。」

    ユベントスは、自身の直近の加入者の到着である、パウロ・ディバラが白と黒のストライプでの最初のセリエAスタートを手渡す事をアッレグリ監督は確認しました。

    「ディバラはプレーします。モラタが戻りました、パドインはディフェンスの前です。
    シモーネは、この役割で動ける唯一の選手です。他の選手をそこで使うのはリスクです。
    残りのチームと同じように、彼は先週の日曜日のウディネーゼ戦で良い戦いをしたと、私は思いました。
    クアドラードは、ベンチに入ります。」

    先週末のウディネーゼ戦の敗北かた、過去ローマとのセリエAの対戦で25勝を挙げたスタディオ・オリンピコで今シーズン最初の勝ち点を奪うことを、ユベントスは臨みます。

    そして、勝利と共にスタートを出来ていない事の失望を表すが、監督とチームが全体に完全に集中しているとアッレグリ監督は主張します。

    「ポゼッションを支配し、ゴールへ多くのシュートを入れ、我々はウディネーゼに対し先週末に上手くプレーしました。しかし、我々は負けました。
    これは、他人のためのフットボールです。
    国際的なオフ後、選手達がトレーニング・グラウンドに戻るとき、再び本気で取り掛かり、DNAの中にある目標へ達成することを目指して努力します。

    我々の狙いはリーグを優勝と、コッパ・イタリア防衛、そして同じ様にチャンピオンズ・リーグで戦う事です。
    難しいグループに入りましたが、不可能でない。
    我々にはあらゆるチャンスが、ノックアウト・ステージ進出までにあります。」

    これらの目標を達成するためには、可能な限りの最高のチームが必要です。そして、移籍ウインドウが9月1日に閉まる前に、更なる移籍が移動市場で予想されます。

    潜在的な移籍について尋ねられ、アッレグリ監督は、キングスレー・コマンとマウリシオ・イスラの数日中の移籍によりクラブを離れる事と、トリノを離れたシモーネ・ザザに関する推測について明らかにしました。

    「コマンは、クラブを出たいと頼み彼の道を進みました。
    私は我々の最初の2試合で彼を起用しました。しかし、彼は自身の将来がどこか他にあると決断しました。
    イスラもクラブを離れ、彼にはいくつかオプションがあります。

    ザザはここに残ります、彼はちょうど落ちつき、育つ必要があります。
    彼は、立派な選手でイタリア代表のセンターフォワードです。
    彼は良いクオリティ得るために、わずかな時間を必要とします。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK