03.12.2015 13:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、金曜日に完璧な集中を求める

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    完璧な集中がチームが明日のラツィオ戦で勝利を広げる事ができると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は思っています。 「我々は、まだ何も達成していない。警戒を緩める余裕は持てません。」

    スタディオ・オリンピコでのセリエAアウェイゲームへ集中する事をマッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手達に訴えた。ラツィオは、昨シーズンのコッパ・イタリア決勝と今シーズンのスーパーカップでの対戦の敗北からのリベンジを行なおうとしています。

    全て大会での5試合勝利は今年のビアンコネリを再点火させた、しかしチームがベストになる前には、長い道のりがまだあるとアッレグリは考えています。

    ヴィノーヴォでメディアに話しました。
    「我々は、まだ何も達成していません。考えは集中の低下に終わる事もありえました、我々はそうなるのを許してはいけません。

    我々は、自分自身に一連の目的を課し、4位の位置を得る事から始める必要があります。
    我々はリーグ戦で次にラツィオとフィオレンティーナと戦いますが、これらの試合はスクデットを争う2チームとの重要で難しい対戦を意味します。」

    ユベントスはここ数週間で順位を上位へ飛び出した間、ラツィオは最後のセリエAを5試合で勝利を記録することができず、タイトル追跡から脱落しています。

    まだ、ビアンコネリのトスカーナの戦術家は、明日の夜ステファノ・ピオリ監督のチームがスタディオ・オリンピコでの試合で全力で攻撃的に戦うという状況が多くあると思っています。

    「ラツィオは若干ネガディブな結果の後、明日の試合に挑みますが、彼らは若干の正しいパフォーマンスで戦います。
    彼らはエンポリに対し負けるに値しませんでしたし、パレルモに対してもホームで上手く戦いました。

    彼らは、コッパ・イタリアとスーパーカップでの我々に対するリベンジ果たそうとします。我々には失敗する余裕をがありません。我々の狙いはリーグ順位表を登ることです。」

    チームの怪我の状況について質問され、シモーネ・パドインの11月の腿の損傷から、クワドォー・アサモアとマリオ・レミナの状況に関して良い知らせを報告し、首都での戦いの役割を果たす事になっていることを、アッレグリ監督は明らかにした。

    逆に、ロベルト・ペレイラのトレーニング中での怪我への疑問符があり、サミ・ケディラはローマへの旅に欠場します。

    「先発として、またベンチとして呼ばれれば、パドインは常に明確な貢献をし、非常にインテリジェントナ選手で、明日の我々へ役に立つオプションです。
    アサモアは昨日チームでのトレーニングを受けましたし、レミナは今日グループの一人にであるべきです。

    しかし、ケディラは欠場し、セビージャとのアウェイ戦に出れそうにありません。
    ペレイラは、筋肉の違和感の後、診断を受けました。
    我々は今日彼をチェックし、どうかについて見ます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK