17.12.2015 00:51 - in: コッパ・イタリア S

    スタイリッシュに2015年を終わらせたいアッレグリ監督

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、カルピで2015年最後の試合へ集中を求める前に、コッパ・イタリアでのトリノ戦勝利のチームのパフォーマンスを称賛します

    ビアンコネリが今シーズンの最多得点差記録を作り、チームがコッパ・イタリア準々決勝へ進出するためにユベントス・スタジアムでトリノを叩いた方法をマッシミリアーノ・アッレグリ監督は称賛しました。

    1ゴールリードでハーフタイムに入った後、ユーヴェはスタイルをオンにしたまま更に3ゴールを後半に奪い、クリスティアン・モリナーロの49分の退場を利用した。

    メディアにトスカーナの戦術家は話しました。「チームはとても美味くプレーした特に後半、数的優位を活かした時です。

    「今日、我々は良い調子のトリノと戦い彼らは我々よりフレッシュであった。しかし我々はとても上手にボールを扱い、これが大いに貢献した。

    我々はまだ技術的に、そしてパスを重ねるという観点で良くなる必要があります。そして、テンポを落とすべき時と早めるときをコントロールする事について解っています。」

    夏に加入してから初出場のダニエル・ルガーニの安定したプレーは、アッレグリ監督が楽しい仕事に満足するもう1つの理由です。

    21歳のプレーにコメントし監督は以下の様に話しました。
    「ダービーのように非常に重要な試合でプレーするのに、出場出来ない長い期間後に試合に入るは並のことではありません。しかし彼は見事にプレーしました。」

    まだビアンコネリがタイトルを争っている事を見る勝利で、チームがユベントス・スタジアムでの2015年最後試合を終えた方法に満足しアッレグリ監督は次の日曜日に2015年最後の仕合を格下のカルピに負ける事が無い様に警告しました。

    「我々が準々決勝に達し、2016年に全部で3つの大会で2016年の戦いへ入れることが重要です。言ったように、我々はもう一試合難しい試合を今週末に戦い我々は試合に臨む必要があります。

    カルピを過小評価してはいけません。トリッキーな対戦です。我々は12:30(CET)という変な時間にキックオフしプレーします。セリエAでアウェイで勝つ事は決して簡単ではありません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK