30.08.2015 21:21 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、ローマ戦を振り返ります

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、首都でのローマ戦のパフォーマンスを分析

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はローマ戦の2-1の敗戦で、10人のユベントスが2点ビハインドからの戦い方を褒めたが、この新しいチームがトップギアへ進むためには未だやらなければいけない事があると認めます。

    後半のピアニッチとジェコのゴールはスタディオ・オリンピコで勝ち点を奪いに来たユベントスをはね除け、レッド・カードをパトリス・エヴラへ与え、ローマは勝ち点3を無失点で達成しそうでした。

    しかし、残り時間3分でのパウロ・ディバラのゴールとシュチェスニーが辛うじて救った、レオナルド・ボヌッチのヘディングシュートは、ユベントスが勝ち点を分け合う寸前まで持ち込み、この夜の試合でアッレグリ監督に若干のポジティブな要素を与えました。

    首都でメディアにコメントしました。
    「例え立ち上がり積極的に戦えなかったとしても我々は、良くリアクションしました。
    最後の10分を除き、良いパフォーマンスではありませんでした。
    我々はあまりに多くの技術的なミスをしましたし、後半、変化をしなければいけなかった時に、フリーキックから失点しました。
    しかし、我々の強い反撃は、国際的なブレーク後に取り戻すために心に留めておく必要があるものです。」

    今シーズンの開幕戦からの2連敗はユベントスにとって未知の領域ですが、アッレグリ監督は、チームがこの負け込みを補う事が出来ると確信しています。

    「私は、リーグで未だ勝ち点がない事を心配していません、フットボールにおいて起こりえることです。
    はい、我々は追いつかなければなりませんが、そうなるために時間とクオリティがあります。
    落ち着いて、はっきりした考えで、我々の働かなかった部分を通過する必要があります。」

    数人の新加入選手への継続した改善と共に、リーグトップへ戻るためにユベントスを助けるのは、クラウディオ・マルキジオとサミ・ケディラの復帰です。

    「彼らの復帰へ、我々はマルキジオの準備が出来ているとうにし、ケディラもそう長くかかりません。モラタは調子が良いし、クアドラード、マンジュキッチ、ディバラは我々のやり方の中でもっと自分を見つけるだろう。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK