01.08.2015 22:25 - in: 親善試合 S

    アッレグリ監督は、マルセイユとのテストをポジティブに考えます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    選手がフランスでの親善試合でのプレー内容に満足とユベントスの監督は言います。

    フランスのオリンピック・マルセイユに2-0でシーズン前親善試合敗北を反省し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はポジティブに捉える方を選びました。

    トスカーナの戦術家は、スタッド・ヴェロドロームでのテストで、シュテファン・リヒトシュタイナーの前半の退場を反省し、チームが良くなる助けになり最高の状態で来週のスーパーカップに臨む期待をして、満足していると言います。

    マルセイユでメディアにアッレグリ監督は話しました。
    「我々の開始20分はとても良かった、相手チームの方がシーズン前の準備が我々より進んでいた。

    その後、我々は彼らにカウンター攻撃のカップルを与え、10人と全体の後半を再生する前に、それらの部分から若干の偶然だった失点しました。

    それから、若干の偶然に失点し、10人になった後半で、我々は2,3のカウンターを仕掛けました。
    概して、私はそれが比較的適切なプレー内容であったと思います。」

    監督は試合後のインタビューでリポーターくの口から前半の中頃怪我で退場したサミ・ケディラについての興味を感じました。
    アッレグリ監督は夏新加入選手がスーパーカップ決勝に欠場することを確認しました。そして、白と黒のストライプで鍵となる選手を失うことの残念感を明らかにしました。

    「サミについては残念です。今晩の怪我の代償で、しばらくチームから外されます。
    彼は上手くやっていましたし、スーパーカップ決勝へ重要な重要な選手を失いました。」

    2つの明るい点はポール・ポグバとレオナルド・ボヌッチの個の能力でした。そして、この両者は新型のユベントスの本当のリーダーだと解っています。

    前向きな考えで土曜日のスーパーカップの対戦へ向かえるとユベントスの前半のプレーとこの2人のプレーを賞賛しアッレグリ監督は同意しました。

    「彼らは上手くプレーしましたし、彼らのプレーに非常に満足です。
    しかし、選手を入れ替え、我々のプレーのクオリティを改善する必要があることは普通です。
    我々の前半のプレーは標準的に良かった、これは将来にとって良い前兆です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK