23.08.2015 21:34 - in: セリエA S

      アッレグリ監督は、ウディネーゼ戦を振り替えります

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ゴールの前での我慢の必要制を示し、チームにウディネーゼとの開幕戦を振り返りポジティブになる様に訴えます。

      「結果は、わずかに苦い味となりました。我々はもっと自身の能力に自身を持つ必要があり、得点でない時に意気消沈しない必要があります。」

      これは、ユベントス・スタジアムでウディネーゼに1-0で敗北した後のマッシミリアーノ・アッレグリ監督のコメントです。

      ネガティブな結果にもかかわらず、トスカーナの戦術家は、シリル・テレオの78分のゴールで勝ち点3を奪われた物の、この試合の殆どをユベントスがコントロールしていた方法に自身を持ちました。

      「無得点を除き、選手は70分間の全てで思う通りにプレーしました。
      これは、簡単な試合ではありませんでした。チームは上手くプレーし、数回のチャンスを作った。」と、アッレグリ監督は言いました。

      「ホームでの負けは決して嬉しくないが、我々の今シーズンの難しさに気がついています。
      最も重要な事は、一生懸命に戦い続けることです。」

      監督は、ハイプレスな試合で先制点を奪おうとしチームのフィットネスの良さと良いレベルのパフォーマンスからポジティブに捉えました。

      「我々の、フィジカルの調子は良いです。強いレベルで70分戦ったのがこの証拠です。
      しかし、我々は最後の20分でよりコントロールする必要がありました。
      我々は、より良くゴールを守ることもできました。」

      数人の新しい選手と、今までいた選手がお互いを知るには、わずかな時間が必要となるのは、普通です。
      今日の我々はファイナルサードでフィニッシュをミスしました。
      中国では、そうでない事を示せたが、今日はこうなってしまった。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK