22.09.2015 13:15 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、ユーヴェを押し続ける

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームのフロジノーネとの対戦で勝利しセリエAで連勝を遂げる様に頼みます

    新しく昇格したフロジノーネがユベントス・スタジアムでの対戦へ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、セリエA連勝を記録するために、地に足を着ける必要があると言います。

    リーグ戦がスロースタートとなったビアンコネリは、首位インテルへ追いつくには遅れを取っているが、アウェイでのマンチェスター・シティとジェノア戦に勝利しモチベーションを後押しとなっています。

    この様なポジティブな結果を出したにもかかわらず、アッレグリ監督は自分自身のした事に満足はしていません。そして、今シーズンのスクデットへの戦いにユベントスが挑むには、時間と忍耐が必要だと言います。

    ヴィノーヴォでメディアに話しました。「我々は遅れをとっていて、1試合ずつ奪う必要があります。
    明日、我々は勝点3を取らなければならないし、ホームで勝利する事に戻り、順位表を登らなければいけません。」

    勝利した先週火曜日のマンチェスター・シティ戦と日曜日のアウェイ、ジェノア戦で無失点でリーグ戦を勝利し達したポジティブな5日を過ごしました。

    アッレグリ監督は、勝利がチームのシーズンで「重要」な瞬間になってきたと言い、ユベントスがマラッシで勝点3点を奪ったのは価値がある物だと思っています。

    「日曜日のジェノア戦は、重要でした。ユベントスはここで、5、6年で1度だけしか勝ったことがないタフな会場です。
    ジェノアとは常にフィジカルな問題が起こります、彼らがホームのピッチの上でのプレーより多くです。

    我々は後半、フィジカルで戦う試合をせずに戦う事が出来たが、ボールをキープする事が出来なかった。ただ、我々はゴール枠へシュートをさせず、立派に勝ちました。」

    フロジノーネ戦に向けて、日曜日フル出場は叶わなかったアルバロ・モラタとマリオ・マンジュキッチの怪我の様子を観る事に集中し、ジジ・ブッフォンとマルティン・カセレスを温存させる意向を監督は話しました。

    「我々は今日モラタをチェックし、問題がなければ明日に出場できます。
    マンジュキッチはジェノア戦で痛みを感じていませんでしたが、彼は決して立ち止まらない選手です。ですが、小さな筋疲労が原因の怪我がありました。
    ありがたいことに、私はザザとディバラを使う事が出来ます。そして、類似した特徴を備えており、ストライカーパートナーシップを築く事が出来ます。

    チームでトレーニングを受け、よくやくアサモアが復帰し、我々はマルキジオをケディラを待ちます。
    明日に関しては、ネトがブッフォンに替わり先発し、カセレスも休みます。
    マルティンの国際試合のダブルヘッダーで疲労していますし、彼は怪我で昨シーズンの長い時間を過ごしました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK