01.10.2015 18:00 - in: 公式レポート S

    株主へのアンドレア・アニェリの手紙

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントス会長アンドレア・アニェリは、クラブの株主に手紙を書きました

    親愛なるイタリア・チャンピオン

    2010年夏に始まった手順後、経営スタッフの完全な見直し、転換を支持する財政的な投入と正しい経営陣と共に、あなたのクラブはピッチの上の成功に戻り、経済持続性を確実にしました。
    4リーグ・タイトル、3つのイタリア・スーパーカップ、2012/13のヨーロッパ・リーグ準々決勝からチャンピオンズ・リーグのベルリンでの決勝まで、安定した改善がありました。
    増加した収益の背景には、過ぎ去ったシーズン2013/14での純益で営業利益を記録しクラブが年間の損失年を半分にしました。

    ピッチ上での素晴らしい結果が唯一です。国内と国外での成功が重要な収益をもたらし、テレビ、コマーシャル取引もしくはスポーツの達成があります。
    そして収益のバランス良い、多様化された構造で我々は最高のレベルで競争する事ができます。

    マネージメントと株主は、現在新しい、潜在的により困難な仕事に直面します。
    我々は、あらゆるトップレベルのフットボール・クラブの本当のジレンマを直視しなければなりません。
    ピッチ上での素晴らしい結果が唯一です。国内と国外での成功が重要な収益をもたらし、テレビ、コマーシャル取引もしくはスポーツの達成があります。
    そして収益のバランス良い、多様化された構造で我々は最高のレベルで競争する事ができます。

    全世界でパートナー(最近では、adidasです、レアル・マドリッド、バイエルン・ミュンヘンの様なトップクラブと同じく収益と視野でユベントスはグループに入りました)を捜すことによって収益を拡大する戦略で、2015/16シーズンの戦略で重要な見直しがあり、ユベントスが非常に競争的な事を維持を確実としクラブの発展を許します。

    我々が過去2、3年間で開発した商用戦略は、スポンサーとユベントス・スタジアムからの収益を最大にすることに貢献し続けます。
    ライセンスと小売の直接のマネージメントは大きな挑戦を意味し、ローカルの商業取引を排除します。
    デジタルメディアと電子商取引で拡大することで、更なる挑戦は、我々の手の届く範囲を世界中のおよそ3億人のユベントス・サポーターを増やすことになっています。

    しかし、イタリアのフットボールの将来に関し、国家レベルの深い、決定的な反省を促すため、クラブを運営することにおけるユベントスの明白な進展は、十分ではありませんでした。
    いくつかの部分で、その税収とその『サプライチェーン』を通し国に貢献する成熟した産業と考えられるこの国で、フットボールの世界の重要な数字は、試合を必要としています。

    それでも、残念な事に、イタリアのフットボールは、政治的な議論の中心へ戻すことができる人的資源を見つけませんでした。
    我々の試合において、重要な数字投資家でない個人は、過度の力を楽しみます。それは、自己関連するシステムのコンセンサスを欺いて『引き起こした』環境です。
    いずれにせよ、6年間に5回のチャンピオンズ・リーグ、予選ラウンドへ通過したイタリアのチームは本来の競争へ達することができませんでしたし、かなり健康的な市場位置にいるにもかかわらず、イタリアのクラブはヨーロッパの競争相手と同じペースで成長することができませんでした。
    2009-2014で5年間で、イングランドのフットボールの収益は61%、ドイツで46%、スペインで32%、フランスで42%、ロシアで86%、トルコで63%成長しました。
    同期間のイタリアの収益は、14%の成長でした

    我々は支持者へ提供するプロダクトを工場させるために、次の問題に取り組む事が賢命だろう。

    1.Bチームの設立
    2.リーグのシステムのリフォーム
    3.イタリアのスタジアムでのセキュリティの強化

    望みは、次のオリンピックに向け、2016年の末に、イタリアのフットボールの構造に改革を進める事ができ、人員、能力と試合が動く方法に自然の変化を促進することができるということです。
    これはリーグが具体化する手順であり、フットボール選手と監督は、今と2020年の間で更なる5年を過ごすことを防ぐことを把握しなければなりません。そして、もし誰もやらないなら、しれなければならないことをリストします。

    フットボールはこの世界の核心に戻らなければなりません、そして、短期的には、我々は支持者へ提供するプロダクトを工場させるために、次の問題に取り組む事が賢命だろう。

    1. 他の国が若い選手に安定した成長を保証しているも、あまりにも長い間、Bチームをつくるというアイデアは拒絶されました。
    セリエAは、プリマヴェーラ・チャンピオンシップ(19歳以下)と潜在的にファースト・チームに加わる一般的に22歳と23歳の世代のギャップを埋める力が必要です。

    2. リーグの制度の改革は避けられません。相互関係の問題は重要な反省を伴わなければなりません。
    現状の経済的な理由で降格するチームの経済が危険に晒されず、保護されている必要があります。
    リーグ期間中に破産したパルマのようなケース、または多くのクラブがUEFAライセンスを得る際に直面する継続した問題が全体としてシステムの信憑性を徐々にむしばむことは明らかでこれは、我々が必要とする新しい投資家のためにより魅力的ではありません、鮮明な、長期の開発計画を発表する必要があります。

    3. スタジアムに関する状況は、レアケースと注目すべき例外を除き、変わりません。
    新しい基盤を設計することが遅れるだけでなく、既存の施設は、現在の法律から放棄さえ与えられました。
    ゴール・ライン技術の導入という明確な動きは、全てのクラブがどんな問題無しで負担することができた伴われた経費です。
    悲しいことに、それほど低い経費で、当局の仕事が犯罪者の個人を特定するのを大いに援助し、いわゆる『客観的な責任』を明らかに減らすビデオ監視においての、同じことは安全と最新技術への投資を言うことができませんし、トリノのスタディオ・オリンピコでのダービー後の『固有の責任』を私は冗談の様です。
    責任が今は第二の重要性でイタリアのフットボールの個人は、この異常に屈したように見えます。

    結論として、対話をし、自治において改革を法律にする能力が1クラブの即席の願望からも生じず、我々の指摘が正しいだけであると、私は思っています。
    計画、特にヨーロッパのクラブ協会(ECA)また、UEFAの能力のおかげで、ヨーロッパのレベルが強化されました。
    クラブ連合UEFAの常務会は、歴史的に重要なイベントで、そのうえ、人間と財源をフットボールに投資し、全く合法的に彼らの声に耳を傾け良く体系化された機関は進化することができるということを証明します。
    ルンメニゲ会長と一緒に、私はこの対話において53の異なるフットボール協会から220クラブを代表することは、名誉です。
    この12ヵ月の間、理解される新しい覚書への署名に至ったヨーロッパのフットボール理事会とともに、ECAは共通基盤を作り2022年まで有効です。
    この合意は、クラブのためのより大きな利益、ユーロ2020、チャンピオンズ・リーグとヨーロッパ・リーグの間に新しい相互関係を含みます。

    類似したポジティブなダイアログはFIFAでも始まりました、しかし、最近世界的なメディアで明るみに出た出来事でしばらくの間手順を遅らせました。

    機関がそれほど長い間は無視し続けることができない事実の更なる実証は、圧倒される本当にリスクの無い、より大きな透明度と改革を必要とします。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK