09.10.2015 16:30 - in: セリエA S

      アサモア、トンネルを抜け出し光を見る

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クワドォー・アサモアは、怪我の悪夢は過ぎ去ったと確信しています。ピッチに戻り、チームの栄誉のためにユベントスに貢献するのがを待ち切れないと言います

      膝の損傷によりファースト・チームの活動から離れほぼ1年を過ごし、成功した怪我からの復帰について、クワドォー・アサモアは、楽観しています。

      日曜日、3-1で勝利したボローニャ戦の終盤、興奮した拍手に迎えられベンチから離れ、337日ぶりにセリエAに復帰し、傍観するしか出来なかった厳しい時というトンネルから抜け出す光を見ました。

      ヴィノーヴォでリポーターに話しました。「私は、完全な調子に戻すため、毎日、チームでトレーニングを受けています。日々良くなっていますし、幸せだと言うことができます。
      この流れに残ることによって、私は過去の自身に戻ります。私はキャリアは未だ長いものです。 

      こんな長い間外されるという事は簡単でありません、自宅やスタジアムで試合を観戦している時に、チームメイトと並び、向こうに戻りたいと気持ちが増え続けていました。

      私は家族、スタッフとチームメイトから凄くサポートを受けました。そして彼らは、常に回復への道で正しい言葉でポジティブな気持ちを与えてくれました。
      現在、私は復帰の道の上におり、再びピッチに出えて行くのが待ち切れないです。」

      チームがセリエAのスタートで遅れを取り、順位を上げようとしている状況で、アサモアの復帰はユベントスに取って不可欠な中盤のオプションの提供になります。

      アサモアは、彼とチームメイトが、首位に対し遅れを取り戻す必要があり、それが出来ると確信しています。そしてサン・シーロでのインテルとの待ち遠しい対決から始めます。

       「難しいスタート後、私達は、再び勝利の道に戻ります。勝つ事が、重要です。
      ゆっくりとしたシーズン開始は、何かが起きますが、常により上手くプレー出来る事を確信していなければいけません。

      インテルだけでなく調子の良いチームが沢山あります。
      私達は、ただ自身と上手くやる事に集中する必要があります。」

      チームから離れている時期にアサモアにチーム成績を俯瞰し、調査する機会を与えました、特にパウロ・ディバラとフアン・クアドラードの貢献に感動したと言います。

      アサモアによると、2015/16シーズンが展開し、この南米の2人組とお馴染みアルバロ・モラタとポール・ポグバとのプレーが自分自身に益々助けになると証明します。

      「ディバラは、多くの技術的なクオリティと見込みに恵まれます。彼は、素晴らしい若者でもあります。
      クアドラードは創造力と持久力をもち、多非常にトリッキーな勝負をします。
      ポグバには素晴らしいメンタルがあり、毎試合よくなっています。モラタには違いがあります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK