24.09.2015 00:06 - in: セリエA S

      同点に追いつかれた事に対するバルツァッリの失望

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリがフロジノーネとの戦いで、最後の最後に成熟したプレーをしなければいけなかったとバルツァッリは話します

      アンドレア・バルツァッリは、セリエAフロジノーネ戦で勝ち点3を奪えなかったチームに怠慢さに失望しています。

      ビアンコネリがより大きな成熟したプレーで試合を乗り越える必要があるとディフェンダーは思っており、相手チームが追いつく原因になってしまったコーナーを嘆きます。

      トリノでリポーターにバルツァッリは話しました、
      「私達は、最後の段階を上手くやることができませんでした。93分のコーナーは残念で耐えなければならない嫌なことです。

      私達の前半パフォーマンスは少し平均以下でしたが、後半得点の為のチャンスを幾つか作りました。
      決定力が不足していました。コーナーからの失点を自分の責任と認めます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK