22.10.2015 00:10 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      バルツァッリは、失ったチャンスを後悔

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ボルシア・メンヒェングラートバッハとのスコアレスドローをバルツァッリは考えます。 「勝利は、ベスト16への重要なステップを意味していました。現在、私達は戦い続けなければならなくて、油断してはいけません。」

      アンドレア・バルツァッリは、ビアンコネリがチャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出資格の望みを確実にするまで、しっかりと戦い続けなければならないと言います。

      この日のグループDの試合で勝ち点3を奪えれば事はマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが3試合でベスト16への進出へ強い位置になれました。
      しかし、この試合は、組織化されたボルシア・メンヒェングラートバッハを前にファイナルサードでの冷静さが必要であったがユベントスは物にする事が出来なかった。

      対戦を反省し、バルツァッリは、以下のように言いました。
      「勝利は、資格取得に対する一つの重要なステップを意味しました。
      現在、私達は、戦い、油断抜きでいる必要があります。
      ゴールに結びつくチャンスをつくるのに苦労しました。そして、それが当然であるということを知っていたのだが、厳しいフィジカルの試合でした。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK