03.10.2015 19:45 - in: セリエA S

    ボローニャの概要

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは137回目のボローニャ戦へ準備をし、Juventus.comは、ボローニャの歴史、2015/16シーズンのスタート、監督、新加入選手をより詳細に観察をします

    監督交代、アメリカからの買収と劇的なプレーオフ勝利の変化が、2014/15シーズンの、ボローニャの概要です。

    2年前のセリエB降格から立ち直り、6月にボローニャは希望の地への復帰戦、ホーム&アウェイでペスカーラに勝利し、70回目のセリエA挑戦になります。

    デリオ・ロッシ監督のチームがマッシミリアーノ・アッレグリ監督のビアンコネリとの対戦の為トリノに向かい、Juventus.comはボローニャの現在と過去を考察します。

    歴史

    7回のスクデット優勝、1993年までセリエCを戦い、イタリアで6番目に成功したクラブの物語。

    伝統的な都市の赤と青のカラーで1909年に創立され、ボローニャは20世紀の最初の四半期で最も恐るべきチームの1つとなりました。そして、1925~1941年の素晴らしい16年間でセリエAタイトルを6回獲得しました。

    戦後期の後、9シーズンでトップ5を達成し、ボローニャは1964年に、伝説的なイタリア人監督フルビオ・ベルナルディーニの下、彼らの7番目で最後のセリエAチャンピオンシップに輝きました。

    ワールドカップ勝者であるヘルムート・ハーラーは、ボローニャの中盤でプレーし、その後70年代中盤までユベントスでタイトルに調整しました。

    ハーラー(右) ユベントスで1968年から73年までで171試合出場

    ボローニャは、1920年代、1930年代そして1960年代の成功を維持することが出来ず、イタリアのプロチームとして、3度の破産が30年間でありました。

    しかし、再びセリエAでシーズンを戦う事を望むボローニャ・ファンを、アメリカ人オーナー、ジョー・タコピナがチームを買収し、8ヶ月でセリエAに昇格、またMLSのモントリオール・インパクトの会長ジョー・タコピーナは先月チームを去りました。

    スタジアム

    スタディオ・レナート・ダッラーラは88年間ボローニャのホームです。1927年に完成し、クラブの以前のホームグラウンド、スタディオ・スタリーノから移転しました。

    リーグで3世代のホストを務めてきただけでなくダッラーラは国際的に評判のスタジアムとして歴史に残っています。そして、1990年のワールド・カップでベルギー対イングランドの第2ラウンドを含む5試合が行なわれていいまs。

    38,279人収容のスタジアムは数年後に独特の記録を残し、スリー・ライオンズが再び関わります。
    サンマリノのワールドカップ予選イングランド戦で、試合開始8.3秒でダヴィデ・グアルティエーリが得点し最速得点記録を残しています。

    監督

    18年以上、374試合以上監督としてのキャリアを誇るボローニャの監督デリオ・ロッシは、イタリアで最も経験豊な監督の1人です。

    サレルニターナでキャリアをスタートし、レッチェとアタランタで堅実な成績を残し、2005年夏に、ラツィオでトップ争いを行ないました。

    ロッシの最も成功した期間として2006/07シーズンのラツィオを3位に導いた手腕です。この結果ラツィオはチャンピオンズ・リーグ出場を果たしました。

    国内のリーグ戦とヨーロッパでの戦い後、コッパ・イタリアでサンプドリア(この3年後に監督に就任する)を破りタイトルを獲得し監督はラツィオを退団します。

    次シーズン、シチリアへ移り、ロッシはパレルモでマジックを働かせ続けました。そして、チャンピオンズ・リーグプレーオフヘ2ポイント以内へチームを導きました。

    良くシーズンも殆ど同じですが、一度解任されセルセ・コズミと交代するも、8週間で復帰した。その後フィオレンティーナ監督に就任します。

    ラツィオとパレルモでの結果に並ぶ事が出来ず、ロッシはフィオレンティーナとサンプドリアから解任され、歴史的なクラブを一流の位置を確実にする仕事のため夏にボローニャ就任しました。

    日曜日の試合は?

    開幕6試合で 負け越しというセリエA復帰の洗礼をボローニャは受けており、4節には、セリエA初挑戦のフロジノーネに敗戦。ロッシ監督のチームは現在最下位から二番目に着けています。

    多く難航したスタートにもかかわらず、ボローニャは今シーズンを楽観しています。
    マッティア・デストロがローマから加入し、元ユベントスのエマヌエレ・ジャッケリーニがサンダーランドからレンタル加入、若手のアマドゥ・ディアワラとエリック・プラーガーがボローニャで競争的なチームを作ります。

    アントニー・ムニエはフロジノーネ戦で得点を挙げた
    ムニエは、今シーズンのボローニャの3ゴール中2ゴールを挙げている

    ここまで最も多くの注意を引いているのは新加入のアントニー・ムニエです。
    夏にモンペリエからボローニャに移籍し、今シーズンここまでチームのリーグ3ゴール中2ゴールを挙げています。そして、唯一の勝利であるフロジノーネ戦での決勝点を挙げています。

    ユベントス・スタジアムの日曜日対戦は、ちょうどトリノへの68回の遠征で5つの勝利を記録し、国際試合期間前に勝点3を挙げようとしています。

    ロッシ監督の抜け目無い戦術的な指導とデストロの様な得点を挙げる事ができる選手がおり、この対戦を侮る事はできません。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK