28.07.2015 13:30 - in: セリエA S

    新しい時代の夜明けへのボヌッチ喜び

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスでの素晴らしい成功の5年後、レオナルド・ボヌッチは、ユベントスの新しい時代への準備ができています

    2020年までの契約延長についてレオナルド・ボヌッチは、クラブ会長のアンドレア・アニェリと並び、ヴィノーヴォのユベントス・センターでメディアと向き合い、クラブでの5年間の栄光と次の5年間に目を向けました。

    ユベントスと最初の契約をした時の事を覚えているかに尋ねられると「私は、その時と同じ位現在嬉しいです。」と、ボヌッチは笑いながら言いました。  

    自身が2010年に若手としてバーリから移籍し、レオナルドはイタリアの才能のユーヴェでの追求の鍵となる選手のシンボルになります。

    ユベントスがイタリアのトップクラブへ戻り、自身の冒険を続ける契約が新しい時代が始まる合図だとディフェンダーは思っています。

    「この新しい契約はユベントスの選手として私の最初の時代を終わらせます、私は全体としてクラブと共に成長出来て嬉しいです。

    この契約で私は非常に気分が良いですが、自分が新加入の時の様に5年で学んだ事を、新しい選手に渡す義務も与えられました。」

    クラブ会長アンドレア・アニェリも同じく、レオの成長がユベントスの復活だと振り返ります。

    「私は、会長として同時期にクラブに来ました。
    ここでの最初のシーズンは以降のシーズンでしたが、私の最初のスクデット優勝後、私は何がこのビッグクラブを代表するものを定めているか解りました。
    勝つことは、DNAの一部です。」

    ユベントス・ジャージを引っ張り、勝つことが唯一のオプションです。

    レオナルド・ボヌッチ

    2020年に10年目を向かえる用意が整ったトリノでの忘れられない多くの出来事のうち、ボヌッチは、ホームでの昨シーズンの壮大な勝利であり、彼が決勝点を奪ったタイトルを賭けたライバルローマ戦を選びました。
    「私が1つの思い出を選ばなければならないならば、試合の重要性のだけでなシーズンの全体でもローマ戦でのゴールでしょう。」

    加入以来素晴らしい成功を楽しんで来たが、対戦相手が移籍市場で強化しはじめ、次のシーズンのユベントスの運命を決めるのはユベントス自体であると警告しレオは会見を終えました。

    「どのチームも強くなりました、しかし、最後には、自分自身に集中しなければなりません。
    ユベントス・ジャージを引っ張り、勝つことが唯一のオプションです。

    4年連続に勝つことは並々ならぬ技です、5回目への挑戦は注目に値します。
    しかし、このクラブから、それをするための全ての信念を我々は得ました。」

    この自己信念はこの5年間でボヌッチに貢献しました、そして、多くのトロフィーを持ち上げるシーズンになる可能性を疑いません。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK