19.11.2015 15:42 - in: セリエA S

    ブッフォン「デビューは、私の最大の思い出。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジャンルイジ・ブッフォンは、パルマ在籍時、1995年11月19日にミラン戦でプロデビューを果たし、ユーヴェの伝説的なキャプテンは20年の忘れられない日々を振り返ります

    ジャンルイジ・ブッフォンは、パルマ在籍時に弱冠17歳で1995年11月19日のミラン戦でプロデビューを果たした。

    20年後の土曜日の夕方のビアンコネリとしてほぼ20年前と同じ日に同じ対戦相手と戦い、伝説的なゴールキーパー、もちろんユベントスのキャプテンで象徴のブッフォンは、ラインナップに加わるでしょう。

    週半ばの代表試合期間、ルーマニアとの対戦での右屈筋への打撃はブッフォンの注目される歴史に立ち会うタイミングを損ないそうになったが、ストーリーを完成させる為に、土曜日の夜ユベントス・スタジアムで戦うだろうと37歳は確信しています。

    20周年を記念するインタビューでSkyとメディアに話しました。
    「私は、調子が良いと感じています。
    私は、おそらく4,5日動いては、いけないかと感じていましたが、診察の結果大丈夫の様です。
    私は、プレーできると確信しています。」

    ミランとのこの試合は、全員が言う様に、今とクリスマスの間で私達の運命を決めます。私達は幸運な事に、大きな責任を負っているも、多くでプレーすべきポイントがあります。」

    当時のパルマの監督ネヴィオ・スカラによってファーストチームと国際的なスポットライトに放り込まれ、20年前に行なわれた事が現在のブッフォンのポジションを与え、ユーヴェは自信の手で運命を握ります。

    彼のステラのキャリアを通しジジは、トレードマークの自信を示す機会を掴みました。

    「その日の詳細を全て覚えています。特に興奮と緊張全部を越えた感情とキックオフ前に喜びがありました。」

    私はアレッサンドロ・メッリの方を向いて言いました。私は、ミランがPKを得る事を望みます。そうしたら私はセーブすることができます。」

    ジャンルイジ・ブッフォン 11/19/2015

    「スタジアムへ行く途中で、バスに乗った全員が私を見て驚き、私が試合の先発だと多分少し心配していた事に気がつきました。
    そういうわけで、私は(チームメイトの)アレッサンドロ・メッリの方を向いて言いました。「私は、ミランがPKを得る事を望みます。そうしたら私はセーブすることができます。」

    「ミラノ戦前のトレーニングでのパフォーマンスでスカラ監督が私を選ぶと知っていました。」

    そして、パルマ、ドルトムント、ベシクタシュを監督したスカラ監督が、試合直前のトレーニングで若きブッフォンにアプローチし決意をテストしました。

    「当然、年齢と経験不足を疑っていると思っていましたが、監督が顔に少し笑みを浮かべて私のところへ来て、聞きました。
    私が明日あなたをスターティング11に選んだなら、プレーできるか?」

    「私は監督が私の反応をテストしていると知っていました、そして、私は答えました。「もちろん監督、そうじゃないなら、私はここで何をしているんですか?」と、このように自信に満ちた返答は、誰でも安心します。」

    その時以来、ブッフォンは振り返らず、スタディオ・タルディーニで出場した夜が成功し、トロフィーを獲得し重要で称賛の注目に値する20年を過ごしてきました。

    「あの試合は、トップへ私を速やかに昇格させました。プレーが悪ければ、私はまだ最高のゴールキーパーになろうとしているでしょう、しかし、多分私が達成し続けた全ては、3年または4年後に起こりました。」

    そして、2006年のベルリンでの特別な夏の夜に関しては?

    「これと同じくらい大きな試合前の感情の強さを、事前に吸収するチャンスがありません。

    ワールド・カップ優勝はキャリア最大の目標ですし、その結果、これが引き起こす感情にかなうものがありません。私は試合終了の笛で完全に圧倒されました。
    しかし、もちろん、負けていたならば、決勝は完全な正反対になります。」

    もう一つの感情的な夕方が近づき、我々はユーヴェの運命が最も安全な手にあると確信する事が出来ます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK