29.10.2015 00:27 - in: セリエA S

      ブッフォン:「責任を取る時」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジャンルイジ・ブッフォンは、ビアンコネリがレッジョ・エミリアで1-0で負けた後、試合内容に関し大きな責任を取る必要があると主張した

      ユベントスがサッスオーロに1-0で負け、ジャンルイジ・ブッフォンは、チームメイトに自分の立場を明らかにするよう訴えた。

      ビアンコネリはジョルジョ・キエッリーニの39分の退場後、苦戦に直面しシーズン4敗を喫したが、37才のキャプテンはレフェリーを非難する事はありませんでした。
      ハーフタイム前のチームの高い水準のパフォーマンスが通常よりも不足していたと主張した。

      「私達の前半のプレーは受け入れがたかった。他のチームであれば、10人で戦った50分でのプレー内容に満足していたかもしれません。
      しかし、ユベントスとして戦った訳で、私達は失望と共に帰ります。

      レフェリーは、わざと間違いをしたわけではありませんし、私はレッド・カードは言い訳になりません。
      非常にシンプルです、1対1または、空中戦で勝てなければ、そして、3本のパスを繋ぐ事が出来なければ、勝つ事はできません。」

      ブッフォンは断定しました。
      「私達が夏の間にいくつか変わったのは本当ですが、ほぼ全員が試合に出る事ができ、3試合無失点をでここに来たので、議論は無駄です。
      私は、22から23のとても良い選手からチームが構成されお互いの穴を埋める事ができると思っています。しかし今夜、全員が間違っていました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK