20.12.2015 15:49 - in: セリエA S

    アッレグリ監督へ、クリスマスの逆転

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は日曜日のアウェイ、カルピ戦の重要な勝利を喜ぶが、その一方で、より良く試合の終盤を締めくくる事を選手へ要求します

    再びチームは逆転勝利を達成、そしてより重要な事に、日曜日のカルピ戦3-2での勝利から得られるポジティブなポイントとして、セリエA7連勝は十分です。

    しかしカルピがアディショナル・タイムにレオナルド・ボヌッチのオウンゴールを誘い、スタディオ・アルベルト・ブラーリアでの終盤に脅威をもたらし主導権を渡してしまった事を特に注意を払う様にマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達へ熱心に話した。

    試合終了の笛後でトスカーナの監督は話しました。「終わりに混乱をもたらすプレーがありました。フロジノーネ戦と似た様に、土壇場の同点を許してしまう事を忘れてはいけません。

    これにもかかわらず、我々は上手くやったということもじっくり検討します。カルピはコッパ・イタリアでフィオレンティーナにアウェイで重要な勝利を挙げ、困難な状況で戦った。これに加え、ボールの転がらないピッチでボールを動かすのは難しかった、しかし我々は立派に状況を対処し、最後の5分まで良いパフォーマンスを入れました。」

    日曜日の対戦は、ビアンコネリがこの期間のリーグ戦で勝ち点3を奪う為の4試合目の逆転勝利となった。
    賞賛を得た事実からアッレグリ監督は選手のバッテリーを再充電し、新年に再び全力で戦う為にクリスマス・ブレークを最大限に活用することが必要だと訴えた。

    「立ち上がり、我々はそれほどコンパクトでありませんでした。マルコ・ボリエッロとアントニオ・ディ・ガウディオを効果的に守り、ペースを破ることができた。
    我々は非常によく彼らのゴールに応え、そこから決して振り返りませんでした。

    我々が集中を最後までより良く保つ必要があり、試合の終盤で起こったことは2016年への教訓として用いられます。
    現在、我々はふさわしいブレークをとり5月16日までハードワークし続ける必要あります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK