30.07.2015 17:30 - in: セリエA S

    クラブ声明

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    FIGCの控訴裁判所の判決で、ユベントス・フットボール・クラブは、大いに困惑しています。 犯罪の犯人が特定され、逮捕された時、我々は犯人を実証する事ができました

    - トリノのスタディオ・オリンピコで別のクラブが主催するイベントの中で、チケットを所有しておらず、アウェイ側サポーターエリアでのユベントス・ファンのリストに掲載されていませんでした。
    - スポーツイベント(D.A.SPO)出席で既に禁止の対象としました
    - ユベントスハ、定めのシーズンチケット保持者ではありません。

    客観的に犯人の行動に対しクラブがどうして責任があるとみなされるのか不明です。
    ユベントスとそのファンは、他の欠点と非効率性の代金を払ってはいけません。

    ユベントス・フットボール・クラブは、今日の決定を争うために、イタリアの国内オリンピック委員会のスポーツ法廷保証に頼ります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK