25.08.2015 16:15 - in: セリエA S

    クアドラード、ゴールスコアラーにしてチャンスメイカー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    右サイドで汗をかくクアドラードは、様々なポジションで攻撃への好影響を与え、攻撃のクオリティーと多様性を誇ります

    コロンビアのインデペンディエンテ・メデジンとウディネーゼで右サイドバックとしてキャリアをスタートさせ、ファン・クアドラードはレッチェ在籍時に名を挙げ、そこで選手としての転機となる重要な変化を経験しました。

    レッチェ在籍時に、ディフェンスから前の位置へポジションをコンバートし、主に3-5-2の右ウイングバックを主戦場とし、クアドラードはオフェンスの能力が大きく長所となり疑う余地はありませんでした。
    そして、セリエA初得点を記録すると、1シーズンで3ゴールを挙げました。

    その後フィオレンティーナへ移籍、ここで、直に攻撃の中心人物としてヴィンチェンツォ・モンテッラに起用されます。

    トスカーナでのデビューシーズンで印象的な5ゴールと7アシストを記録し、フィオレンティーナの監督は、更ににクアドラードを重用し、前線3トップの右サイドで起用しました。

    2013/14でシーズンでは、前年の3倍の15ゴール、8アシストを記録し、プレーが実を結びました。

    この夏には、ブラジルでのワールドカップでコロンビアのスターとして、印象的な4アシストをスコアシートに記録し、攻撃的な試合運びでトーナメント準々決勝まで駒を進める活躍がありました。

    フィオレンティーナの3年で、毎試合平均2.5アシストというセリエAの他のミッドフィールダー以上のアシスト数を記録し、攻撃のプロセスで得点機を二倍にします。
    クアドラードの目は、間違えなくファイナルサードでマリオ・マンジュキッチ、アルバロ・モラタ、フェルナンド・ジョレンテ、パウロ・ディバラ、シモーネ・ザザへ心地好い得点機を与えます。

    クアドラードは左ウイング、またセカンドトップとしてプレー出来る融通制も持っており、サイドで相手を打ち負かす方法も知っており、昨年チェルシーで示したドリブルで相手のマークを外す規則性もあります。

    重要な事は、マルチな才能のある選手がイタリアのトップ争いで再び印象的な記録を作ることが出来る様にユベントスは、更にゴールを奪うために新しい攻撃のメンバーを補強しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK