28.08.2015 17:30 - in: セリエA S

      ユーヴェでの挑戦を楽しんでいるクアドラード

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      コロンビア代表選手は、白と黒のストライプを引っ張るのが待ちきれません。「ユベントス移籍は、私にとって偉大なチャレンジです、準備はできていると感じます。」

      ファン・クアドラードは、ユベントス加入に興奮していると明らかにしました。クアドラードは、チェルシーからのレンタル移籍という一番の選択肢を選びました。

      今週の日曜日のローマ戦でデビューするために、火曜日に加入しチームメイトとトレーニングを受けているコロンビア代表選手は、フィジカルのピークの状態へキープします。

      「ユベントスは、私にとって最高の場所です。私はこの夏、激しくトレーニングを受けました、そして、フィジカルとメンタルでこの新しい挑戦への準備ができていると感じます。

       アウェイでのローマ戦は厳しい経験です、しかし、ポジティブな結果を得て自信を持ちます。私は、今週末、自身の役割を果たす事ができることを望みます。」

      現イタリア・チャンピオンの為にプレーは、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグベスト16セカンド・レグで後半交代出場したパリ・サン‐ジェルマ戦以来のチャンスとなります。

      ヨーロッパでトップを決める大会でプレーする見通し、新しいクラブでマンチェスター・シティ、セビリャ、ボルシア・メンヒェングラートバッハと抽選で対戦する事となり、これを楽しみにしているとクアドラードは、言います。

      「このビッグクラブでチャンピオンズ・リーグをプレープレーすることができて、私は嬉しいです。
      グループリーグは簡単では無いが、全力でノックアウトステージへ進出します。」

      ユベントスで与えられたチャンスを、最大限に活かします。

      ファン・クアドラード

      フィールドで様々な役割をこなす事ができる右サイドバックはウィングとして攻撃を行なうことも出来、新しい監督マッシミリアーノ・アッレグリ監督の判断に対し自身の柔軟性を強調しました。

      そして、ウディネ、レッチェとフィレンツェで上げた彼の評価で、セリエAでの以前の経験を活かす事を話しました。

      「私はフィオレンティーナ時代から3-5-2と4-3-3でプレーすることに慣れていますが、私は監督が判断したポジションでプレーし十分満足できます。

      フィオレンティナ、レッチェ、ウディネーゼ時代の経験は選手として育つのを助けてくれました。そして、現在ユベントスで私の経験を与えられたチャンスへフルで活かそうと思います。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK