21.11.2015 23:15 - in: マッチレポート S

      ディバラの決定弾でミランから勝利

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      土曜日夕方にユベントス・スタジアムで1-0でミランを破り、ビアンコネリはセリエAで3連勝を確実にした

      土曜日夕方、ユベントス・スタジアムで1-0でミランを破り、ビアンコネリはセリエA3連勝に成功し、パウロ・ディバラによる美しく巧みなゴールは違いを証明しました。

      前半、決定的なチャンスを欠いていたが、エルナネスのフリーキックがジャンルイジ・ドンナルンマにスマートなセービングを強制し、ディフェンダーのアレックスがゴール上角へシュートを放った。

      後半にユベントスはギアを上げ、ポール・ポグバのシュートをドンナルンマが素晴らしいブロックし、その後ディバラが65分にリードを奪った。

      ユベントスで彼自身セリエA6ゴール目となった、最大の信頼と確信でアレックス・サンドロの本能的なクロスをディバラがタッチしコントロールし、素晴らしいゴールに結びつきました。

      ビアンコネリは、追加点を奪えそうであったが、ジジ・ブッフォンはアディショナル・タイムにアレッシオ・チェルチの激しいドライブを抑えて、勝ち点3点とリーグ戦3連勝を確実とした。

      試合は両チームにとって明るいスタートとなり、かすかなチャンスが訪れ、最初にエルナネスがペナルティーエリア外からバーを越えるシュートを放ち、ユライ・クツカがボレーシュートでジジ・ブッフォンの上角を襲った。

      ユベントスが試合立ち上がりポゼッションで良く試合を進め、ロッソネリはファイナル・サードで脅威をもたらし、エムベイェ・ニアンのシュートは枠を外れた。

      しかし、クラウディオ・マルキジオは25ヤードの距離からシュートを放つも、ドンナルンマが良く妨ぎ、優位に試合を進めようとするビアンコネリに対し、ミランへ注意喚起を務めた。

      エルナネスも、38分の攻撃でクロスバーを越えたが、自身の間での危険性を証明した。

      そして、エルナネスのフリーキックはアレックスに当り向きが変わり、ドンナルンマからゴールを奪う寸前も、16歳のゴールキーパーは、急速に反応しパンチングでゴールを防ぎ、前半の無失点で終了させた。

      プレーの展開は、クツカがジャコモ・ボナヴェントゥーラのコーナーからヘディングシュートを放つも明確なチャンスを手にする事が難しく、後半も変わりませんでした。

      ピッチの反対では、ユベントスが相手ディフェンス陣のより厳しいチェックを受け始めていました。ポール・ポグバのシュートが、ドンナルンマを再び印象的なセービングに導き、62分には、ユベントスのリードを防ぐために左へ飛ばなければなりませんでした。

      わずか3分後のユベントスのゴールへの動きに対しては、出来る事は少しもありませんでした。

      ベンチからスタートし、攻撃の意図を多く示してきたアレックス・サンドロは、ディバラへボックスに向け素晴らしい最初のクロスを放ちました。そして、グラウンドへエクスタシーへもたらすためにホームでの落ちつきと確信で激しくゴールを奪う為に、ディバラはボールを1タッチが必要なだけでした。

      ミランは、同点に追いつく為に戦い、71分に絶好のチャンスが訪れたが、クツカは信じられないほど魅力的な位置からのシュートをクロスバーの上へ放ってしまった。

      ビアンコネリは、リードを広げる為にマリオ・マンジュキッチがボックス内で躍動し、力で押していた。そしてチェルチのアディショナルタイムでのシュートをブッフォンが防ぎました。

      この試合の勝利はマッシミリアーノ・アッレグリ監督の全所属クラブから勝ち点3点、セリエAで3連勝を記録しユベントスは、順位表で順位を上げ続けます。

      現在、注意はマンチェスター・シティとの水曜日、ホームでのチャンピオンズ・リーグでの対戦に向かいます。そこで、勝ち点3点を奪いノックアウト・ステージ進出を確実にしようとしています。

      ユベントス

      ブッフォン, リヒトシュタイナー, バルツァッリ, キエッリーニ, エヴラ (アレックス・サンドロ 29), ストゥラーロ, マルキジオ, ポグバ, エルナネス (ボヌッチ 45), マンジュキッチ, ディバラ (モラタ 81)

      未出場控え: ネト, ルビーニョ, ルガーニ, レミナ, ヴィターレ, クアドラード, ザザ

      監督: アッレグリ

      ミラン

      ドンナルンマ; アバーテ, アレックス, ロマニョーリ, アントネッリ; クツカ (ルイス・アドリアーノ 74), ルイス・アドリアーノ, ボナヴェントゥーラ; チェルチ, バッカ, ニアン (本田 84)

      未出場控え: アッビアーティ, リヴィエッリ, デ・シリオ, メクセス, サパタ, カラブリア, マウリ, ノチェリーノ, ポーリ, スソ

      監督: ミハイロヴィッチ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK