17.12.2015 10:23 - in: コッパ・イタリア S

    ダービー・デイ・データ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    水曜日にビアンコネリが奪った4ゴールは本当に重要であり、当然の唯一の数字である間、コッパ・イタリア、ベスト16トリノ戦のキーとなる数字と統計とJuventus.comが調べます

    ユベントスの選手、ファン、監督にとって少しでも良い夜、トリノに勝利した水曜日のコッパ・イタリアで現れたキーとなるスタッツと選手全員が圧倒的でビアンコネリが勝っている事を想いもかけない事としてはいけません。

    より重要なことに、2ヵ月間のこの2度目のデルビー・デッラ・モーレの勝利は、ここ数週間のマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの復調の継続を意味しています。

    10月のサッスオーロ戦1-0の敗北から、ユベントスは直近の8試合のうち全大会で7連勝を挙げ、国内の今シーズン最も長い記録であるセリエA6連勝を挙げた。

    偶然、サミ・ケディラとクラウディオ・マルキジオが中盤で共に先発出場した時は常にビアンコネリは負けていません、4勝2引き分けを記録しています。

    この組合せから提供される安定感で得点を得たもう1選手は疑う余地なく、パウロ・ディバラです。ユベントス・スタジアムで試合終盤に得点を上げ今シーズン10得点目を記録しました。

    もう一人夏に契約し、ゴールを挙げたシモーネ・ザザは、素晴らしい2点を前後半で挙げ、サッスオーロから加入して以来5得点目を挙げました。
    このダービーでの2得点はザザがが今シーズン現在平均で91分おきにゴールを決めている事を意味します。  

    試合そのものから数字に目を通して、アッレグリ監督のチームが断然トリノのバックラインを圧倒したポゼッションと規則性がより良いチームであった事は明らかです。

    キーとして、フィールドのミドル・サードで優位に立ち、トリノのほぼ3倍(277本に対し691本)のパスを完了し。タックルでは驚異的な89%で上回った。

    ビアンコネリは2枚のカードで退場したクリスティアン・モリナーロが後半にいなくなってから最後まで確実にトリノ陣地でプレスとボールを回し続けた。

    おそらく現代の試合で最も重要なフィールドのエリアでコントロールすることは、アッレグリ監督のチームが全てのコーナーから厳しくトリノを攻撃することを許しました。

    どちらのサイドででも自然に幅を与えているウイングバック、アレックス・サンドロとシュテファン・リヒトシュタイナーで、アッレグリ監督のチームが速くプレーを広げることができ楽に試合を進めました。そして、左サイドから33.7%集中した攻撃があり、36.8%の右サイド、29.5%の中央からプレーがあり、ディバラの素晴らしい3点目となるシュートが生まれました。

    しかし、最後にマルキジオが昨晩、チームがミッドフィールドの基盤で失わず、確実な貢献を行なった事を語るべきです。

    トリノ生まれのプレーメーカーは試合で105タッチという高い記録を作り、そして100%のドリブルと97.1%のパスを成功させ、2ゴールの機会を引き出しました。

    全てがビアンコネリの性質へ非常に満足なスタッツです。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK