25.07.2015 21:00 - in: 親善試合 S

    ドルトムント、ザンクトガレンで勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ボルシア・ドルトムントは、ザンクトガレンのAFGアレーナでのプレシーズンマッチで、ユベントスに2-0で勝利しました

    ボルシア・ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤンとマルコ・ロイスのゴールでザンクトガレンでのシーズン前親善試合を2-0でユベントスに勝利しました、

    トーマス・トゥヘルの選手たちは、試合開始直後良い調子で試合を進め、ドルトムントの4度のチャンスからゴールを守る為にユベントスはジジ・ブッフォンの素晴らしいプレーに頼らなければなりませんでした。しかし、ゴールキーパーは、40分のオーバメヤンのコーナーから近距離のシュートから奪った先制点に対し何もできませんでした。

    後半に入ると、既にヨーロッパ・リーグへの準備が行なわれ、正しくチームを作られている相手に、ユベントスは沢山の選手交代を行うも、後半の中頃ロイスがペナルティ・エリアでプレーし、交代で入ったネトを越えてドルトムントのリードを2倍にしました。

    ザンクトガレンのAFGアレーナでドイツのクラブとの対戦へ、マリオ・マンジュキッチとモラタそして、もう一人の夏の新加入選手パウロ・ディバラを出場させ、トスカーナの戦術家は4-3-1-2のフォーメーションを配しました。

    またアンドレス・テッロが右サイドでプレーし、監督は数人のユース・チームのジュリオ・パロディ、アルベルト・チェッリ、ルカ・クレメンザそしてグイード・ヴァダラをテストしチャンスを後半に与えました。

    ハイオクな前半は早くも3分に最初のシュートが、18ヤードからノーマークのヘンリク・ムヒタリアから生まれました。
    しかし、ブッフォンはアルメニア代表の激しい左足のシュートをポストの外へボールを弾く為に左に低いダイビングしセーブしました。

    ユベントスのキーパーは4分後にもセーブを強いられました。オーバメヤンの近距離のシュートを防ぎ、ドルトムントの左サイドでのビルドアップが続きました。

    左サイド攻撃での新しい役割を展開したモラタはドルトムント守備陣へ脅威を与えていました。
    マルティン・カセレスがボックス内に力強く走り込んだあとの危険なクロスからモラタは攻撃を仕掛けました。

    ユベントスは、ドルトムントの右サイドでから最高の攻撃をし続けました。今回はパトリス・エヴラがセンターへボールを放り込み、マンジュキッチがシュートを撃ちます。
    しかし、マンジュキッチのシュートはオフサイドでゴールになりませんでした。

    ピッチの反対側では、ブュフォンはいつでも動けるように構えていました。そして、30分に猛烈なケヴィン・カンプルのシュートを防ぎ、オーバメヤンのヘディングはバーを越えました。

    ユベントス・ラインナップ: ブッフォン (ネト 45), バルツァッリ (ルガーニ 45), ボヌッチ (パロディ 76), カセレス (リヒトシュタイナー 45), テッロ (ストゥラーロ 45), ポグバ (ヴァダラ 80), マルキジオ (チェッリ 69), エヴラ (キエッリーニ 45), ディバラ (パドイン 45), マンジュキッチ (ザザ 57), モラタ (クレメンツァ 57)

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK