05.12.2015 00:36 - in: セリエA S

    ディバラ「シュート前は、良く考えませんでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    今週も、ユベントスにとって新たな1ゴールの本当の重要性は、パウロ・ディバラが進めた。ここにビアンコネリの最高の得点者がスタディオ・オリンピコでの2-0で勝利したラツィオ戦の勝利後のコメントを話した。

    先制点の大きな一手、注目に値するクオリティの彼自身のゴールと疲れを知らないパフォーマンス。多くのポジティブな要素が、金曜夜のパウロ・ディバラにはありました。

    しかし、素晴らしい性質を持った若きアルゼンチン人ディバラは、Skyカメラの試合後のインタビューにおいてビアンコネロの冒険が丁度キックオフしただけだと強調した。

    「私が移籍してきた時、パレルモでプレーしていた様にセンター・フォワードとしてプレーすると私は思いました。
    監督は、より深くプレーし出来る限りプレーに絡むように私に頼みました。」

    「私は、常にプレッシャーや試合以外のことを考えずにプレーして来ました。私の唯一のチームへの貢献はゴールで、最善を尽くしミスから学びます。
    私がしたい全ては、フットボールの試合に勝つことです。私はここで非常に幸せです、ユベントスは私がアルゼンチン代表に入るのを助けてくれました。ですから、私はより多くを求めることはできません。」

    同時に、たとえ最初のタッチが準備出来ておらず、完全に彼の意図したものではなかったと認めるとしても、パレルモから夏に移籍してから今シーズンの全大会で8ゴール目を素晴らしい左足のハーフボレーで挙げ、ユベントス・ファンは最近の週での新しいストライカーへ多くの要求をする事は出来ません。

    「実はより良い最初のタッチを取りたかったです!ボールがバウンドし、ひざから離れて、シュートへ完璧に落ちました。
    チャンスの時に、私は良く考えませんでした。」

    おそらく最もポジティブな事は、ユーヴェの6試合連勝でファイナルサードでのディバラの貢献と前線の仲間であるマリオ・マンジュキッチとの良くなるコラボレーションで、ディバラはラツィオエリア端から、マンジュキッチへパスを送った。

    「私達は毎試合でより得良く理解し合うようになっていますし、私は彼がどこでボールを望むか、学び始めています。
    マリオのフィジカルの強さは重要です。ディフェンダーを動かし、私が攻撃へプレーするスペースを引きずり出します。

    私は常に良くなるためにハードワークしますし、チームメイト監督のサポートで、この仕事は非常に簡単になります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK