02.10.2015 17:00 - in: セリエA S

      ディバラ「ずっと戦います」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ディバラは、全ての直面する挑戦にビアンコネリの目的を明確にし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督とストライカー・パートナー、アルバロ・モラタとの強い関係について話した

      ディバラは、全ての直面する挑戦にビアンコネリの目的を明確にし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督とストライカー・パートナー、アルバロ・モラタとの強い関係について話した

      パオロ・ディバラは、ユベントスの目的は今シーズン・イタリアに、そして、ヨーロッパでの栄誉の挑戦であると主張しました。

      ディバラは、パレルモから夏に加入し、2ゴールを挙げビアンコネリの為にプレーに貢献し、勝利の心理に気付いた認め。新しい環境に適応しへ監督のマッシミリアーノ・アッレグリが助けてくれていると思っています。

      Skyスポーツにディバラは話しました。「私達はユベントスです、そして、常にあらゆる試合で勝点3を狙います。
      パレルモでは、異なる抱負がありましたが、私の現在のクラブでは、常に、勝つことで伝統を守る必要があります。
      ここに着てから、この意味から、私のアティチュードは、変わりました。

      長くここにいるわけではないですが、全員が私が落ちつくのを助けてくれます。アッレグリ監督は何をしているかについて理解しています。彼は優れた監督、多く私と話し、ここでプレーする方法と一貫した原則で勝点を奪う最な方法を、私は理解し貢献します。」

      ユベントスは、セリエAでジェノアに唯一勝利したこととは対照的にチャンピオンズ・リーグ、グループDで最大か地点を奪い、多くの得点のチャンスを作りました。

      そして、ヨーロッパでの競争でのチームのパフォーマンスは国内でのパフォーマンスとそれほど異ならないと、ディバラは強調し、むしろ、大陸での試合はおそらくプレースタイルがより合っていると思っています。

      「私は、パフォーマンス・レベルの変化がわかりません。ビッグ・クラブがオープンな方向で対戦するチャンピオンズ・リーグにおいて、フィールドのより大きいスペースでプレーし、相手から奪う事ができるクオリティがあると、私は言いたい。」

      インタビュー終わりに、ディバラはアルルロ・モラタとの大きな理解と関係について話しました。

      モラタも今シーズン2ゴールを挙げています。そして、水曜日のセビリャ戦で並んで戦い、新しい要領をストライカー・パートナーから拾い続けたがっていると、ディバラは強調しました。

      「私には、アルバロと良い関係があります。私が夏に加入する前に、彼は私がクラブに加わる事がハッピーだと書きました。
      私達は一生懸命動きます。私達は若くさらに育つ必要があります。
      彼はレアル・マドリッドで育った重要な選手で、ユベントスで貢献します。私は、多くの事を彼から学ぶことができます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK