09.12.2015 00:09 - in: セリエA S

    ディバラ、クロスバーに当てたシュートを反省

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    クロスバー直撃が無ければ、ユベントスは同点にする事が出来たとパウロ・ディバラは振り返ります

    非常に大切なグループD首位へ導くシュートであったかもしれません。しかし、82分のパウロ・ディバラの鋭いシュートクロスバーに当り跳ね返った。

    セビージャ戦を1-0で負けた後カメラにディバラは話しました。
    「私があのシュートについて100回考えました、もしゴールすれば首位を確実にする可能性がありました。私達には、得点するために他のチャンスがありました、しかしボールは今夜私達に熱中しませんでした。」

    今夜の試合の1つの良い面ディバラとアルバロ・モラタの間でポジティブな相性がリンクしたプレーがあったという事で、今シーズン6回目に共にプレーしました。

    エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでディバラとプレーする時、前半の得点の機会はモラタにもありましたが、多くのシュートはゴールを外れていました。

    ディバラは、彼のストライカー・パートナーが近い将来再び得点を奪う事ができると疑いません。

    インタビューの終わりに話しました。「アルバロは最高のストライカーです、ハードワークしますし、彼はすぐに再びゴールをし始めます。

    「彼がプレーする時、マリオ・マンジュキッチとより多くのショートパスとワンツーがある間、私はより深い位置でスペースでプレーする事が出来ます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK