01.12.2015 15:48 - in: セリエA S

    ディバラ、勝利の感覚を楽しむ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アルゼンチンのストライカーはルーツを振り返り、ビアンコネリの勝利の裏の秘密と金曜日スタディオ・オリンピコでのラツィオ戦について話した

    「パレルモに戻ったのは、特別でした。私はホテルで毎日で共に働いた人たち、昔のチームメイト、友人と会いました。
    私は、彼らと再会し本当に楽しみました。」

    パウロ・ディバラのインタビューは、前所属クラブのパレルモに関する質問で始まり、日曜日にレンツォ・バルベラでの戦いからSkyのQ&Aに答えました。

    今シーズン6ゴール3アシスト(先週末のマリオ・マンジュキッチへ放った素晴らしいクロスを含む)で45%のユベントスのゴールにディバラは絡んでいるが、スポットライトは個人の称賛だけではありません。

    ユーヴェの素晴らしい最近の形に話題は移り、ディバラは日曜日のパレルモ戦の勝利を信じ、全大会で5連勝はビアンコネリの増える確実性と堅実の証明としています。

    「90分、非常に良く試合をマネージメントしましたし、私達に値する結果を得ました。

    私達は今、正しい方法でプレーしています。当然の事として相手に対しその一貫した考えで良い結果をもたらし、私達は、試合へ全員同じリズムでアプローチでプレーします。」

    昨シーズンからチームは大きく変わり、スロースタートとなったのは当然です。
    私達全員が、監督の計画を実行するために、ハードワークしています。私達は、同じ方向へ首位に立ちたいと思っています。

    パウロ・ディバラ 2015.12.1

    選手としてだけでなく人間として成熟することができるクラブであるユベントスで、ここ数週間のチームのメンタル面での復活は試合で大きく貢献した。

    「成長し、また人間として成長したベスト・プレーヤ—になる為に、私はここに来ました。私は、勉強し、監督の言葉を実行するのを常に期待したています。
    私はフィールドで何も無視しませんし、監督とチームメイトの助けを受けるのを私は感じる事が出来ます。」

    疑いなく、全く同じ進行と精神的な決心の固さが、8月の上海でのイタリア・スーパーカップ決勝と同カード戦である金曜日のラツィオとのスタディオ・オリンピコでの対決へ、ディバラとユーヴェには必要です。

    「非常に難しい試合です、彼らは勝利の道へ戻ろうとしていますし、金曜日に彼らのホーム観客の前で気合が入っています。

    全チーム、ユベントスを負かそうと望みます、しかし、マンチェスター・シティとパレルモとの対戦と同様試合に臨みます。
    ここであらためて、私達はシンプルに勝ち点3をトリノに持ち帰る事という視線を持ちます。」

    現在昨シーズンの終わりの活躍には匹敵していないが、チームメイトで「チームのかけがえのないメンバー」である親友のアルバロ・モラタについてパウロは最後に話しました。

    ディバラのために、モラタはスリリングなベストへは今の所戻っていはいません。

    「アルバロは素晴らしい選手ですし、彼はミラン戦(下記参照)の私のゴールで最初にセレブレーションしてくれた人です。
    私のために、彼がそういう人だと示しています。

    彼は、チームのかけがえのないメンバーですし、彼はベストに戻るために毎日トレーニングを全力で行なっています。
    彼は、昨シーズンの終わりから、形を再燃させています。彼のゴールが、今年も再び重要です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK