26.12.2015 10:00 - in: チーム S

      2015年、ユベントス8人のレコードホルダー

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、素晴らしい今年の8つの異なるカテゴリーでトップに立つ選手を紹介します

      2015年は、ユベントス・ファンの心とマインドに長く残る1年です。4年連続スクデット、10回目のコッパ・イタリア優勝、7回目のイタリア・スーパーカップ優勝をトロフィーの棚に並べ、チャンピオンズ・リーグではベルリンでの決勝進出とセンセーショナルな戦いを行い、2015/16シーズンの出遅れたスタートを取り戻す信じられないスピリットという白と黒を着た者の特徴があった。

      しかし、チームが素晴らしい努力で多くの賞賛を受ける間、スタッツからどの選手が優れた数字をのこしたでしょうか?そして何かサプライズもあるでしょうか?

      Juventus.comは、今年の全ての戦いで各選手の個人スタッツを分析し、以下のカテゴリーに分けました。1)出場 2)パス成功 3)合計シュート数 4)得点数  5)ボール奪取 6)セーブ 7)クロス数 8)ゴール得点率

      ジャンルイジ・ブッフォンにとって素晴らしい2015年でした。15試合無失点をセリエAでキープし、今年セリエAでのプロ生活20周年を祝いました、

      また、キャプテンは2015/16シーズンここまでで50セーブを記録し、ユベントスでのアレッサンドロ・デルピエロの最多出場分数を抜き、現在これまで元ビアンコネリのフォワードに続く出場数を持ち、11月には552出場のガエターノ・シレアのマイルストーンを越えました。

      クラウディオ・マルキジオのビアンコネリ中盤中央への復活は、疑う余地なく現在のシーズンの出遅れたスタート後にクラブがセリエAで復活を果たした重要な要因です。

      「復活」と上で使われているが、おそらくミッドフィールダーのケースでは「回復」がより適切な言葉です。そして、攻撃へチームメイトを進ませる前に、相手の攻撃をバラバラにするという大きな能力があり、2015年の間に343回の奪取があった。

      怪我から戻った以来全ての戦いでチームの記録を分析すると、マルキジオの影響は更によりはっきりした数字で見つける事ができます。11勝4分唯一の1敗。鍵です。

      ビアンコネリの4連続スクデットの守備での重要なメンバー、レオナルド・ボヌッチは、現在5連続タイトルを追う守備陣に不可欠なギヤです。

      昨シーズンの出場チャートのトップに立った後、ボヌッチはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の最も信頼できる選手の1人を代表し続け、現在のシーズンで23試合先発で1試合交代出場です。ファースト・チームの他のどの選手よりも多い898回のパス成功を記録しました。
       
      今年は、2014年と2010年に並び、センターバックが最も多くゴール(3点)を挙げ、ミラン戦、フィオレンティーナ戦、ラツィオ戦でのゴールでユベントスは勝利を記録しました。

      元ストライカー・パートナーと並び2015年に14ゴールを挙げているのは、アルバロ・モラタです。

      現在のチームでこのスペイン人ヒットマンは、チャンピオンズ・リーグ、マンチェスター・シティとセビージャとの戦いでスコアを挙げ、ヨーロッパでの戦いで熱いフォームを維持し、2014/15シーズンの半分では5アシストと少し不足の2ゴールを挙げています。

      相手ディフェンスは、メモをとります。ポール・ポグバは、自信の足でゴールを奪います。

      2012年の2ゴール、2013年の8ゴール、2014年の6ゴールそして2015年の10ゴール、ポグバはファイナル・サードでの鋭さを増し続けており、シュートポジションへ向かう技術のお陰で2015年に116回のチャンスを記録、今年ユベントスの選手が記録した最高のシュート数となった。

      しかし、ゴールだけがポグバにとって白と黒のストライプで重要なことではありません。8月から、26タックルを記録し、120回のボール奪取、チームメイトへ23度チャンスを引き起こし、このカテゴリーではパウロ・ディバラとフアン・クアドラードだけが追いかけます。

      多くの試合で、偉大なデルビー・デッラ・モーレでのフリーキックと、カルピ戦での素晴らしいボックスからのゴールという2ゴールと同じ様に、ポグバはペナルティ・エリア付近で最高の決定期を多く提供し、ビアンコネリが、国内とヨーロッパでの勝利へ新年にゴールに結びつくフォームを作ろうと努めています。 

      ビアンコネリでのディバラのキャリアは、センセーショナルで、24試合出場10ゴールを記録し、現在2015/16シーズンのクラブで主に得点を挙げている選手になった。

      ディバラのきらめくゴールが見出しを奪い、多くのゴールへの本能で、相手ゴールキーパーを脅かします。

      2015年に、合計120本のクロスを放ち、間違いなくマンジュキッチ、モラタ、シモーネ・ザザへ心地の良いアシストを放ちました。

      2015/16シーズンに関する限り、パウロのセリエAでのシュートに関しビアンコネリ選手で2番目に高い数を記録し、ポグバの51本に1本のビハインドです。この感17本の枠内へのシュートと34回のチャンスを作りました。

      アトレティコ・マドリッドから夏の加入以来、マンジュキッチのゴールに結びつく才能は、誠実なビアンコネリの心を捕えました。

      ファースト・チームのメンバーには、マンジュキッチより効率的にネットを揺らす選手がいません。18試合出場で9ゴールを挙げ、ボックス内での重要なスタッツが表しています。

      しばしばマッシミリアーノ・アッレグリ監督からメンタルと決心を称賛され、ポリバレントなミッドフィールダー、シモーネ・パドインはスタッツで監督の言葉を裏付けた。

      パドインが放ったパスは、2015年のパス成功率でトップとなり、2014年のチャンピオンズ・リーグ、グループ・リーグ、マルメ戦試合中に目立つようになり、パスの100%がゴールへ達した。

      チームワークは、夢の仕事…

      2015年の81ポイントは、ヨーロッパのトップ5リーグでPSG (96)、バルセロナ(91)、レアル・マドリッド(86)だけが上回ります。

      1月から4月のセリエAで13試合負け無しを記録。

      31失点、15試合無失点(全体では25試合)と2015年のセリエAのベストディフェンスとなりました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK