29.10.2015 13:46 - in: セリエA S

      エヴラ「正しい方向へ向かう固い決心」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パトリス・エヴラは、サッスオーロ戦敗北の失望から迅速に対応するのを目標としています。「私が言える全ては、トリノとの対戦へ私達の姿勢は進行中だということです。」

      サッスオーロ戦の敗北に対し失望を表明し、パトリス・エヴラは手加減しませんでした、ビアンコネリの標準以下のパフォーマンスがスクデット獲得へ向かうチームに戻ろうとする戦いにおいて、形勢が不利になろうとしています。

      フランス人サイドバックは、マペイ・スタジアムでの、弱い前半の試合内容にフラストレーションを覚え、これはユベントスの様なクラブで行なわれるべき基準をはるかに下回っていると思っていた。

      Skyにエヴラは話しました。「私は怒っています。このチームでプレーする時は、毎年タイトルを獲得することができると常に思わなければいけません。
      これは明らかに、それについて話すには良い時間でありません、しかし、毎朝起きる時、私が5年連続スクデットを獲得するのに、十分幸運であると自分に言い聞かせます。

      その代わりに、実際に私達は、歴史に残るこのチャンスを現在捨てています。
      チームメイトへのメッセージ?このユニフォームをリスペクトしよう。私達は、サッスオーロ戦の前半にそれができていませんでした、」

      エヴラは、アタランタ戦のポジティブな結果から、レッジョ・エミリアでのネガティブな結果まで、チームのレベルがどのように劇的に変動してきたかについて説明に困り、結束を固め土曜日のトリノ戦へ取り組むというクラブの決定に完全に合意しています。

      「おそらく、プレーしていなかった試合について話すのは簡単ですが、ジジが言った様に、私達は本当のユベントスではなかった。
      私達がアタランタに対して行なったプレーからサッスオーロ戦の前半でのプレーへ揺れる事はできません。

      おそらく、特定の選手は状況がわかりません、そういうわけで、私達は、ホテルに泊まっています。
      それは、私達は正確に値するものです。当然のことながら、家族から離れているのは決してうれしくありません、しかし、それがユベントスでプレーする事と共ある大きな責任を伝えるのを助ける事が出来ると監督とクラブが考えるなら、それは正しい決定です。」

      監督、キャプテン、メディアから、レッジョ・エミリアでのチームの姿勢への批評の後、エヴラは、週末のライバル・トリノ戦へ油断が無い事を主張しています。

      「これはダービー・マッチです。ユベントスに勝つ事がトリノ・ファンのためにはリーグを獲得することを意味するという事を、私は知っています。
      これは、私の哲学でありません。私は勝ちたいですし、私が言うことができる全ての我々のアプローチは土曜日に向け進行中です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK