16.10.2015 17:00 - in: セリエA S

      インテルに注目

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      2015/16シーズンの開幕7試合で勝ち点16点を積み重ね、インテルは、この6年で最も強いシーズンスタートを切り、国際試合期間の後も加速しようとしています
      歴史

      外国人選手の所属に関する議論から、同じ都市のライバル、ミランから分離し1908年に創立し、インテルはこの2年後に最初のリーグ・タイトルを勝ち取った。

      クラブの成功期として、30年間で(1920、1930、1940、1938に)スクデットを獲得し、1939年には最初のコッパ・イタリア優勝、この期間に活躍したインサイド・フォワード、ジュゼッペ・メアッツァからスタジアムの名前が取られた。

      1953年、1954年の連続チャンピオンシップ後、1962~1966年の4シーズンで3回のスクデットと2つのヨーロッパ・カップを国内外で支配し『ラ・グランド・インテル』全盛時代までインテルは、ほぼ10年、無冠で過ごさなければなりませんでした。

      ロベルト・マンチーニとホセ・モウリーニョ、両監督の優勝と、1971年、1980年、1989年のスクデットがあり、2010年のチャンピオンズリーグ優勝がありました。

      監督

      ロベルト・マンチーニ監督は、現在インテルで2回目のタームを迎えています。シーズン8位で終了した昨シーズン、11月にそれまで指揮を取っていたワルテル・マッツァーリ監督と交代した。

      監督のキャリアの前に、マンチーニ監督は、非常に優秀なフォワードとして既に有名でサンプドリアとラツィオで国内とヨーロッパでの栄光を得ました。

      2001年に引退した後、フィオレンティーナで監督のキャリアを初め、コッパ・イタリアを獲得し、元所属でクラブであるラツィオの監督に就任した。

      インテルの監督に就任し、成功した期間を過ごし、イングランド・プレミア・リーグの新生の巨人、マンチェスター・シティの監督に就任。

      最初のシーズンでFA杯に勝利し、2012年にマンチーニ監督は、44年ぶりのリーグ戦優勝へ導きました。

      2013/14シーズンにトルコのガラタサライの監督に就任し、国内優勝に導き、再びインテルの監督に就きました。

      スタジアム

      サン・シーロは、ライバル・ミランとインテルの親善試合で1926年9月に公式にオープンし、インテルが6-3で勝利した。

      インテルは、激しいライバルと市が所有するスタジアムへ引っ越す前、1945年までアリーナ・シヴィカでプレーしていました。

      1980年に、スタジアムはジュゼッペ・メアッツァと、2度のワールド・カップ勝者とインテルとミランの元ストライカーを記念して名付けられました。

      イタリアでの1990年のワールド・カップ決勝の準備において、サン・シーロは改装され、ヨーロッパの5番目に大きい会場となりました。

      どのように、マンチーニ監督のチームは今季を過ごしているか?

      セリエA開幕7試合で勝ち点16を積み重ね、2009-10年のホセ・モウリーニョ監督時代の歴史的なベストシーズンと同じ様なシーズン序盤を過ごしています。
      ステヴァン・ヨヴェティッチ、3ゴールを挙げており、インテルで最高のスコアラーです。

      ステヴァン・ヨヴェティッチ、3ゴールを挙げている、インテル最高のスコアラー

      インテルは、今シーズンに備え非常に新しいチームとなり、ピッチで多くの変化がありました。
      最初に優れたセンターフォワード、マウロ・イカルディは、夏にマンチェスター・シティから加入したステヴァン・ヨヴェティッチのサポートとウォルフスブルグから加入した、イヴァン・ペリシッチとのプレーを楽しみます。モンテネグロ代表とクロアチア代表の2人は、ストーク・シティ、レアル・マドリッド、ユベントスに移籍したジェルダン・シャチリ、マテオ・コヴァチッチ、エルナネスの代わりとなる選手です。

      新加入選手は、これまでインテルの上位への原動力に結びつく3ゴールをヨヴェティッチが挙げ、ペリシッチは、サンプドリア戦での同点弾を挙げ、新加入選手は落ち着いています。

      インテルは、フィジカルの強い選手、例えば、ガラタサライから加入したもとビアンコネリのフェリペ・メロ、モナコから加入のジョフレイ・コンドグビアで中盤を支配した。
      一方、守備では、ジェイソン・ムリージョがグラナダから、ミランダがアトレチコ・マドリッドから、ダビデ・サントンがニューカッスルから加入した。

      インテル守備陣は、フィオレンティーナ戦を4-1の敗北するまで開幕5勝中4試合で無失点を保ち、セリエAで6連勝を2014/15シーズンの最終試合から挙げた。

      ロベルト・マンチーニ監督のチームは、直近のアウェイ・サンプドリア戦で取りこぼした勝ち点を日曜日に取り戻すために、2010年4月以来のビアンコネリからの勝利を挙げたがっています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK